teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:123/4886 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

10月5日(月)那須周回ハイク

 投稿者:尾崎  投稿日:2020年10月 7日(水)10時02分15秒
  通報 編集済
  紅葉の時期、日光、尾瀬と来れば那須と谷川しかありません5日(月)
は那須の周回ハイクでした。数値予報で薄紫の雨雲は実況では豆を撒
いたようにばらつくので、ザックにカッパと折り畳み傘を入れれば普
通に楽しめます。前夜道の駅那須高原友愛の森に19:00 到着、早目の
車中泊態勢に入る。水玉がガラス付いてても雨は止んでいるし、7時
間の睡眠は取れた。北温泉駐車場に上がって予定の4:00にヘッデンス
タートする。熊除けラジオも受信、標識から入り仮橋を渡った急登の
径をのんびり行って尾根上に出る。スキー場分岐辺りで明るくなると
予想以上に中ノ大倉尾根の色付きが進んでいた。向かいの鬼面山から
朝日岳に続く山肌の紅葉にも吹き下ろす西風の威力が感じられます。
樹林の中からハイクが始まり、樹々の色付きに包まれて中ノ大倉尾根
で三本槍岳を目指すのはやはり好い。傾斜の弛んだスダレ山辺り色付
いた灌木が続いて緑の笹に斑が混じる。午後からの回復予報でも面前
の天気としては悪くはない。つまらない風情で平日月曜日の三本槍岳
山頂でも伸び上がって周囲の山を見下ろせば、仄かに薄墨色が混じる
紅葉の山並が続く。大峠へ下る尾根から見上げる三本槍岳の色付きは
明るい光に映え、後から早足のハイカーが追い越して行くその先には
大峠から向いの流石山やそれに続く大倉山への山並が続く。山並の紅
葉が遅いのは吹く風の違いでしょう。大峠を過ぎて標高が下がった三
斗小屋温泉までの径が緑深いのも好い、今回は笹が仮払いされたばか
りで、三斗小屋泊りのハイカー達と多く擦れ違った。此方の紅葉はま
だまだ先になる。三斗小屋温泉から隠居倉、熊見曽根、朝日岳へは行
かず、直に峰の茶屋跡に向かう事にした。三斗小屋温泉からはガスが
出てきて、峰の茶屋跡辺りは見通しが効かない中で冷たい風の中を早
々に下山しました。大丸駐車場からは晴れ間も出てのんびり車道歩き
30分で北温泉駐車場。
北温泉P0400~0450林道~0534スキー場分岐~0642赤面山分岐~
0704北温泉分岐~0730三本槍岳0742~0754大峠分岐~0842大峠0847
~1025三斗小屋温泉1030~1149峰の茶屋跡~1230大丸駐車場
~1300北温泉P
駐車場展望台から見える駒止の滝の紅葉はもう少しです。那須の脚に
優しい径を選んだハイクでしたが、帰り道に那須湯本の「鹿の湯」の
熱い湯でゆっくり脚を解して、渋滞無し夕食前の18:20に帰宅。

 
 
》記事一覧表示

新着順:123/4886 《前のページ | 次のページ》
/4886