teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:50/4264 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

8月3日(土)御殿場口から富士山ハイク

 投稿者:尾崎  投稿日:2019年 8月 5日(月)05時51分47秒
  通報 編集済
  梅雨明け10日、仕事地獄から山復帰の安藤さんは連日涼しい山を登ら
れているようですが、お誘いの有った4日日曜は此方の都合が合わな
くて残念でした。結果金曜午後から3日土曜一日車が使えたのでロン
グハイクで5回目の御殿場口新五合目からの富士山に行って来ました。
初冬の富士山は何度も登っていますが精々大晦日迄で、厳冬期から春
先3月までは遠慮してますね。夏真っ盛り8月の富士山は30年以上前に
家族で吉田口から登って以来で今回が3度目です。
前夜2100すでに8割は埋まっている御殿場口新五合目の第二駐車場に
車を入れる。6時間運転の適度な疲れで0200までぐっすり、準備に食
事後、0246満車状態の駐車場を出発する。登山口鳥居前のポストに届
を投函、0252星空の下スタートする。大石茶屋0300で、小屋の先でカ
ウントを操作している方が居られました。月齢2日で富士山の輪郭は
判らないし、上に向かって点々と明かりが見えるのみ。登山道と下山
道が交差する次郎坊(新五合五勺)0401で間違えて下山道に入って登っ
ているハイカーもいた。0420頃には東の空に赤みが差して山の輪郭が
見えて来た。長袖と半袖Tシャツの重ね着で丁度良い気温、荒い砂地
で軽登山靴にスパッツは登りから履いて正解でした。六合目を過ぎて、
次々に有る小屋の前や周辺には何時スタートされたのか、何人ものハ
イカーが休憩したり寝たりしていた。八合目標識を過ぎると山頂まで
が指呼の位置で、ルート上を登るハイカーより団体で下るパーティの
人数の方が多く見える。装備の出し入れと撮影で止まるくらいで特別
にレストは取らなかった。ハイドレーションシステムと塩分を含んだ
レーションの定時間毎の摂取で、八合目を過ぎて脚が重くなったもの
の、熱中症や高度障害も症状は出ずに0936御殿場口頂上に抜けた。

御殿場口新五合目登山口0252-大石茶屋0300-次郎坊(新五合五勺)0401
-新六合目(六合目小屋)0550-六合目0635-七合目0713-わらじ館0722
-砂走館0728-赤岩八合館0803-八合目0825-御殿場口頂上0936

 
 
》記事一覧表示

新着順:50/4264 《前のページ | 次のページ》
/4264