teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:215/4203 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

3月9日(土)今年の谷川岳の雪稜は東尾根でした

 投稿者:尾崎  投稿日:2019年 3月11日(月)11時05分19秒
  通報 編集済
  毎年計画する谷川岳の雪稜登攀の東尾根と中間稜は数行ってる分
危険も楽しみも分かるのが好いですね。今回3月9日(土)は一ノ
倉沢 一ノ沢 東尾根、メンバー篠原さんと尾崎の2名でした。
当初は4名でメンバーの都合に合わせて東尾根で届を提出してま
したが、急な用事や風邪で残念2名となりました。
前夜ベースプラザ着22:00過ぎで車中泊、9日早朝準備と食事に
1時間で4:30ベースプラザ出発。センターで入山確認の計画書を
提出し、明るい場所でアイゼンも履き4:50スタート。トレースは
しっかり、2パーティが途中追い越して行きました。マチガ沢出
合、暗さの中灰青の天空に白い稜線が浮かび上がる。一ノ倉沢出
合には9名のクライマーが先着待機していた。出合は通過で6:20
一ノ沢出合6:40でレスト。本谷の二ノ沢辺に1パーテイ、一ノ沢
にも1パーティが見える。待機していた3人パーテイが一ノ沢に
入り、その後中間稜のパーティも来た。早朝から快晴ピーカンの
青空で無風なので暑くなりそうです。先行していた2名に代わっ
て3人パーテイがワカンでラッセル先行してましたが、左岸の際
を登高し、東尾根が初めてのようでシンセンのコルは通過せず、
ワカンで尾根を乗越して行きました。8:30シンセンのコル8:50
に入りレスト後、此方が先行して屈曲する東尾根を左から上がる
と、先行の3人はその下のちょっとした悪場に入ってました。

 
 
》記事一覧表示

新着順:215/4203 《前のページ | 次のページ》
/4203