teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


縄文人の知恵と手法

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2019年 7月17日(水)10時19分8秒
編集済
  梅雨の合間を狙い尾崎さん達は谷川岳へ、上田さん一行は足尾の岩場や
日光の渓流へ・・・イヤ~皆さん、アクティブライフですね。上田さん
がトレーニングされる公園そばの神社の掃除ボランティア活動、近くだ
ったらお手伝いに行きたいところです。サッカーの国際大会で日本のサ
ポーターが試合後ゴミ拾いする記事を思い出しました。『来た時よりも
美しく』日本人の伝統ですね。
私は雨の合間を畑の雑草との戦いです。昨年伐採時に知り合った石斧や
勾玉(まがたま)を縄文時代の手法で作製されている方が”桐の木を伐
採することは無いか?”と聞かれました。”何に使うんですか”と聞く
と勾玉を磨くのに桐の木の灰で磨くとのこと。たまたま茨木に住む妹が
裏庭に山桐の大木があり枝を切ったからと持って来てくれました。約半
年間畑のビニールハウスで乾燥し先日やっと桐灰が出来ました。灰が土
と混ざらないようにブリキのタライで焚火、灰を大中小のふるいにかけ
て完成です。しかし、何で桐の灰が研磨剤として良いのか?縄文人に聞
いて見たいですね。昔は歯磨き粉として灰を使った時代もあるし子供の
頃母は鍋や釜を洗うのにカマドの灰を使っていました。案外研磨剤とし
ての用途が一般的だったのかも知れません。飯豊の沢で一週間ぐらい露
営しながらイワナ釣りの時も焚き火の灰で食器を洗うと綺麗になりまし
た。化学洗剤と違い無公害なのがいいですね。梅雨が明けたらいよいよ
沢釣りの季節、皆さんも試して見て下さい。

 
 

13日土曜谷川岳西黒尾根ハイク

 投稿者:尾崎  投稿日:2019年 7月14日(日)15時19分29秒
編集済
  連休の谷川岳の天気予報は13日のみがそこそこなので西脇さんと届の
出ている一ノ倉沢南稜予定で12日2330べースプラザに入りました。
自宅から小山、前橋、水上までドライな一般道でしたが、湯檜曽から
先の濡れた路面はベースプラザまで続きました。
0300食事・準備のスタートで0340ベースプラザ出発、センターで入山
確認を投函した0352。濡れる程では無い霧雨、一ノ倉沢出合0440でも
霧雨は変わらない状況で、ガスに包まれた取り付きで濡れながら天候
の回復と壁が乾くのを待つよりも、久し振りの谷川岳、一ノ倉沢より
確実に晴れ間の時間がある西黒尾根稜線漫歩をする事に決まりました。
戻ってセンターに挨拶し、装備を入替えてベースプラザ0606再出発。
ガスは掛かっているものの、雲の合間に青空も見えて、雨に濡れる事
も無かった。午後の天候のくずれを予測したのかハイカーの出足も早
くて、森林限界を越えて稜線漫歩に入ると、数多いハイカーが先行し
ているのが見えていた。

 

13日土曜谷川岳西黒尾根ハイク

 投稿者:尾崎  投稿日:2019年 7月14日(日)15時18分21秒
編集済
  肩の広場の残雪は狭小、ガスで周囲の見通しがきかない谷川岳山頂ト
マ、オキから一ノ倉沢はガスの中でした。
西黒尾根登山口0618-0633鉄塔‐0818ガレ沢の頭-0938山頂トマ0950
注意は濡れた岩のスリップくらいで、西黒下山が一番楽で早いところ
ですが、西脇さんが田尻尾根を行った経験が無いので、天神尾根から
田尻尾根で下山しました。丁度の時間で登りの集団が避難小屋から先
の天神尾根に入って数多くのハイカーグループが数珠繋に上がって来
ると、谷川岳の人気と山ブームを実感します。狭い濡れた岩の個所や
ロープや鎖場もあるので下山時間が集中したら大渋滞になりそうです。
無雪期から初冬まで、ロープウェーに乗らずに下山出来る田尻尾根は
紅葉の時期が特別良くて好きな径です。ロープウェー下の管理道、枝
沢が横切る個所が荒れています。導水管を壊すくらいの水量なんです
ね、イワナがいた溜まりも無くなってました。
肩の小屋1003-田尻尾根分岐1102-田尻尾根登山口1153-管理道歩き
-1218ベースプラザ
帰り道、諏訪の湯で手足を伸ばして汗を流して1800に早目の帰宅。

 

谷川岳西黒尾根ハイクで大汗

 投稿者:西脇  投稿日:2019年 7月14日(日)14時55分54秒
  土曜日の谷川岳、お世話になりました。本当に雨の多い梅雨
で一ノ倉沢はハズレばかりですね。それでもハイクは出来て
久しぶりの西黒尾根で大汗をかいて、鈍った体には好いトレ
ーニングになりました。

 

日光荒沢(滝直登)

 投稿者:上田  投稿日:2019年 7月14日(日)11時47分21秒
編集済
  このあと滝の水流際から直登する。傾斜が緩いので
慎重に行けば何等心配はない。抜け口下は水流をま
ともに浴びる。篠原さんが先行。水流を浴びながら
滝上に抜けた。このあとヘツリ、滝を高巻きし林道
に抜け荒沢下部の遡行を終了した。
 

日光荒沢(遡行スタート)

 投稿者:上田  投稿日:2019年 7月14日(日)11時30分2秒
  裏見の滝の一段上の滝上に降りる。ここが実質
荒沢遡行のスタート地点となる。時間的に荒沢
下部のみの遡行、釣り上がりとした。短い距離
ながらも渓相が変化に富んでいて明るくロケー
ション抜群である。西村さんに案内してもらっ
ていなければ身近に短時間で遡行、楽しめるこ
の沢を知ることはなかっただろう。釣り果はL
KCC鈴木さんの17センチイワナ一匹。渓流
にそっと戻してあげた。滝下の釜には3匹の大
形のイワナがはっきりと見え餌に興味を示して
いたが食らいつくことはなかった。
 

日光荒沢(アプローチ)

 投稿者:上田  投稿日:2019年 7月14日(日)11時22分39秒
編集済
  皆が摩天楼正面壁を登り終わって、雨の心配はありま
せんでしたが皆、沢の準備もしてきているし、渓流竿
も持ってきているので、日光荒沢へ転進。
裏見の滝駐車場から女峰山への登山道に入り、途中沢
床を目指して笹藪の中を入るのだが、いつ来ても迷っ
てしまう。西村さんに案内してもらってからほぼ毎年
入っているのだがすんなり沢床へ降りたためしがない。
一歩誤ったら沢床へまっしぐらと言う個所を数カ所抜
けて本来の下降点へ辿り着いた。
 

Paradiso正面壁

 投稿者:上田  投稿日:2019年 7月14日(日)11時14分3秒
編集済
  こんにちは、上田です。昨日土曜日は篠原さん、
LKCC(柏の葉ららぽーとクライミングクラ
ブ)の皆さんとParadiso及び日光荒沢でした。
足尾の天気予報が午後から雨予報とのことで、
沢転進も考え沢靴を準備して行きました。曇り
空の下、摩天楼頂から高さ約30mの懸垂下降
で川原に降り全員TRで正面壁をトライ。LK
CCの鈴木さんは一撃かと思わせる程の登りで
したが最後の核心、ハングを抜けるところで惜
しくもテンションが掛かりました。篠原さんは
核心ハング下まで安定した登りでした。続いて
栗原さん、伊藤さんとトライ。このあと日光荒
沢へ転進した。
 

月下美人開花

 投稿者:上田  投稿日:2019年 7月11日(木)00時29分21秒
  公園トレから帰ると庭の鉢植えの月下美人が
今にも開花しそうだった。室内に入れて1時
間程で開花した。ハイビスカスも毎日花を咲
かせている。今年は月下美人もハイビスカス
も“NHKみんなの趣味の園芸”を教本にし
て春先に古い土を落として植え替えたのが功
を奏したようだ。今日の公園トレは新しいメ
ニューを追加した。滑り台を使っての引き付
け。ホールドがパイプでRな為両手挟み込み
とグリップ力が必要だ。
 

今日の公園トレは清掃から

 投稿者:上田  投稿日:2019年 7月 9日(火)00時36分6秒
  女子サッカーワールドカップ決勝のTV中継を
最後まで視聴し遅くの起床となった。決勝だけ
にスピードがある。男子サッカーに引けを取ら
ない試合展開だ。サッカーを見ながらスマホア
プリをいじくっていたらいつの間にか川面さん
の携帯へ呼び出し状態となっていた。知らずに
通話にタッチしたんだろう。お騒がせしました。

今日は曇り、3日ぶりに雨が止んだ。今日の公
園トレは、公園頂きにある神社の清掃から入る。
このところの長雨で公園内の草が伸び放題、成
長しきっている。管理人の方は大忙しである。
谷川さんの古賀志お堂の清掃奉仕に倣って私も
お手伝いとした。神社は天満宮とある。菅原道
真公を祀っているのだろうか。神社内外を清掃
し東屋へ移動。懸垂、ハンドトラバースと行い
その後坂道、階段を歩いて終わりとした。週末
はパラディッソへ。川面さんから「早く青い夏の
空を見たいですネ」とメールが入っていた。
 

手作りカンジキ

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2019年 7月 7日(日)21時54分33秒
  昔々、4月1日は東北地方の渓流釣り解禁日なので会社の釣り仲間達と前泊で
猪苗代方面の大倉川でのイワナ釣りが恒例でした。雪国なので川沿いの林道は
スノーシューかカンジキが無いと入れません。宿泊先のロッジにはクロカン・
スノーシュー・アルミ枠のカンジキがあり私達はスノーシューを使っていまし
た。カンジキは根曲がり竹の藪を踏み抜いた時足を抜くが大変なので接地面の
広いスノーシューが丁度良かったですね。もちろん雪質、斜度、使用環境によ
りカンジキの方が良い場合もありますね。釣りの帰りに大人の親指よりも太い
山ぶどうのツルを取っている地元の人に会いました。何に使うんですか?と聞
くとカンジキを作るとのこと。木製と違い折れないし曲げやすいから一番良い
とのことでした。解禁時はまだ膝や股まで潜る残雪の中をモッサン、モッサン
歩きながら釣竿を出した大倉川、カンジキの話しで想い出しました。
 

来季はカンジキで遊ぼう

 投稿者:尾崎  投稿日:2019年 7月 7日(日)18時43分7秒
編集済
  手作りカンジキ履いてみたくなりました。
使うと分かってれば携帯して行くカンジキはスノーシュ
ー、アルミワカン、スーパーカンジキと3種持っていま
すが、使用が微妙な時には持たない事が多いですね。
長靴や軽登山靴、冬用山靴、アイゼンワカンと、使用条
件にも色々あって、大・中・小・軽の4種類の木製カン
ジキを手に入れたので雪上歩行具として来季には積極的
に使って見るつもりです。
古い麻紐(6mmロープ)を今風のKPロープに変えたり、番
線を締めたり、金具付固定ベルトの代わりに細引1本で
履けたり、道具として手を掛けられて中々面白そうです。

 

Re:「三斗小屋温泉」~那須周回ハイク

 投稿者:篠原  投稿日:2019年 7月 7日(日)13時30分55秒
  「三斗小屋温泉」去年の冬前、小屋仕舞いの週に女房と「煙草屋」
に泊まりました。早着したので名物の露天風呂も夫婦で貸切を楽し
めました。その日のお客さんは総勢5人でした。
雑誌「山と渓谷」の1月号だったか「三斗小屋温泉 煙草屋」の経
営者募集記事が載っていましたので、どうなったのか気になってま
したがそのうち忘れ、あらためて検索したところ煙草屋のホームペ
ージは以前のままのようなので、中身はどうあれ存続しているよう
なので安心しました。
 

那須周回ハイク

 投稿者:尾崎  投稿日:2019年 7月 7日(日)13時24分37秒
編集済
  7月6日(土)は那須のハイクでした。北温泉(駒止の滝)駐車場~三本槍岳
~大峠~三斗小屋温泉~隠居倉~朝日岳~峰の茶屋跡~大丸駐車場-車道
歩き-北温泉駐車場迄の10時間の周回コース、梅雨の時期、予報と違っ
ても分岐が多いので時間に合わせてエスケープ出来るのが良い所です。
前夜は眠気が勝って手前の道の駅那須高原友愛の森で2200車中泊とした。
ぐっすり眠りを堪能して出発、0237北温泉駐車場0250、登山口を0300に
スタートする。温泉裏の小橋の前まで来ると、慌てないアナグマが橋を先
に渡っていた。無風曇天の空に星は見えずとも気温は適度、高度が上がり
沢音が絞られるとラジオも感度良く音を出してくる。スキー場分岐を過ぎ
た中の大倉尾根、曇天でも雲の高度が高いので周囲の見通しは良い。北温
泉分岐を過ぎて三本槍岳への最後の登りの径で早立ちのハイカーと擦れ違
った。冷風が吹き抜ける標識だけの山頂には長居をしないで大峠を目指す。
北温泉P0250-登山口0300~0337林道~0416スキー場分岐~0522赤面山分
岐~0547北温泉分岐~0612三本槍岳0615

 

那須周回ハイク

 投稿者:尾崎  投稿日:2019年 7月 7日(日)13時22分45秒
編集済
  大峠分岐を通過、雲とガスの動きで青空も合間に見え、明るさも増して気
温も上がって来た。三本槍岳や向かいの流石山から下る大峠への径は谷川
馬蹄形の朝日岳から清水峠のミニ版の感じで好きな下りの一つです。三本
槍岳からは傍まで行かないと目視出来ないので「おっとと」の印象です。
三斗小屋温泉までは温泉泊りの2パーティ、隠居倉までは温泉に向かう1
名のみと擦れ違う静かなハイクでした。蒸し暑さを感じる事が無い天候に
熊見曽根からは大勢のハイカーが続いてました。寄り道のような朝日岳に
タッチして、のんびり下山の径を行く。大丸駐車場からは2K程度、冷たい
風を感じながら北温泉Pに帰着。雨に遭わなかったので予定通りの10時間
内で終了しました。
0720大峠0730~0900三斗小屋温泉~1002隠居倉~1049朝日岳~1123峰の茶
屋跡~1213大丸駐車場~1240北温泉P
那須を素早く離れて温泉は矢板城の湯に浸かる。ハイク10時間、仮眠4時
間、温泉他1時間、運転9時間24~25時間あれば1dayハイク充分楽しめます。

 

F-1グランプリ見ています

 投稿者:川面  投稿日:2019年 7月 7日(日)07時22分4秒
編集済
  一週前のオーストリヤF-1グランプリではレッドブル
Honda マックス・フェルスタッペンが勝ってしまいま
した。毎日見ています。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm35338996

そんな毎日、雨模様を楽しんでいると申し上げたいとこ
ろですが、たまにはパッと晴れた夏の青い空を眺めたい
です。
梅雨の真っ只中の渓流には鹿沼方面に3度出かけてますが
毛ばりに飛び付くのはチビ魚ばかりでした。

 

勤務も4ヵ月目

 投稿者:篠原  投稿日:2019年 7月 7日(日)07時07分28秒
  パート勤務も4ヵ月目に入りました。食品工場での守衛と緑化
(草刈り草取り 雨の日は古い木製パレットの解体処理)業務
で、適度に体を使いしっかり汗もかいています。
10月にならないと有給休暇が付与されないのでもうしばらく
は我慢の日勤ですが、自宅最寄りより2駅6分の通勤時間が最
大の利点です。(時給は高くありませんが)
有難い事にフォークリフトやチェーンソー他、安全教育講習各
種も取得終了させてもらってます。
 

Re:足尾松木渓谷、仁田元沢&キツネ(エキノコッカス)

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2019年 7月 7日(日)06時55分57秒
編集済
  エキノコックス、久しぶりに聞きました。94年から約3年近く北海道へ単身赴任
時代の事を思い出しました。上流の綺麗な沢へオショロコマやアメマス(エゾ
イワナ)を釣りながら本州の渓流なら両手で沢水をすくって飲むところですが
北海道ではエキノコックスがあるから飲めませんでした。夏など足元の水でジ
ャブジャブ顔を洗いゴクッ、ゴクッと飲めないのでストレスになりました。
一度、釣り針が指先に刺さり傷口からエキノコックスが入ったかも?と心配に
なり近くの置戸(おけと)日赤病院に行くと老齢の院長先生が大丈夫だ、傷口
からは入らない。と言われ安心しました。約3年間の期間でエキノコックスで亡
くなった人は一人だけ聞きました。その人は営林署関係の人との事でやはり山
仕事で沢水を飲んだのかな~と思いました。元々ネズミが持っている病気でそ
れをキツネが捕食しその糞尿にエキノコックスの卵があり人の口から入ると潜
伏期間が10~15年位で発病、最初は自覚症状が無く気がつかないそうです。
赴任先の隣町ではヒグマとキタキツネを飼っていましたがヒグマがエキノコッ
クスで亡くなったことがあります。多分、キツネの糞尿で汚れた草をクマが食
べて感染したのでしょう。本州にはエキノコックスは無いから大丈夫だと話し
ていたら地元山岳会のメンバーが”最近はネズミが青函トンネルを通り本州に
も広がっている。ネズミは高速道路ののり面の草むらを移動するので段々南下
しているらしいよ。”との事でした。本州のどこら辺が汚染されているか分か
りませんが飯豊渓谷の上流では流れの中でソーメンを冷やしたり粉末スポーツ
ドリンクを水で溶かしたりして飲んでいます。しかし、キツネや野ネズミを見
かけたら煮沸してから飲む方が無難でしょうね。

 

足尾松木渓谷、仁田元沢&キツネ(エキノコッカス)

 投稿者:上田  投稿日:2019年 7月 4日(木)01時59分20秒
編集済
  上田です。梅雨真っ最中、渓流にでも行くかと
松木渓谷渓流情報を当たっているとキツネを見
た、キツネの子供が戯れていたと沢山発信され
ていました。私は2018/08に銅親水公園
の駐車場で出会いました。キツネを見たのは銅
親水公園駐車場&ダム周辺、仁田元沢、松木渓
谷奥のゲート周辺とありました。奥ゲート周辺
では子ギツネの写真が載せられていました。既
に居着いて繁殖しているんですね。キツネが見
られるようになったのは此処2~3年のこと、
長く足尾、松木へ通っていますが以前はキツネ
に出会うことはありませんでした。キツネはキ
タキツネの愛らしい姿で親しみが湧きますが、
エキノコックス症の危惧もあります。北海道以
外でも確認され厚労省では注意喚起を促してい
ます。渓流、沢、クライミングで松木に入るこ
とが多いかと思います。以下、2018/08
にキツネに出合い、エキノコックスが頭に浮か
び安藤ドクター(宇都宮アセントクラブ)にエ
キノコックスについてお聞きしたら下記のメー
ルがありました。改めてご連絡します。松木本
流はもちろんのこと枝沢の飲料も注意ですね。


皆さん <ーーー安藤

エキノコッカス症については信頼性の高い情報
としては
http://www.iph.pref.hokkaido.jp/charivari/2003_07/2003_07.htm

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000154886.html

をご覧ください。

虫卵は-20℃でも死にませんが、100℃なら
1分、60℃でも10分程度で死滅します。

本州の場合は、狐より犬経由が多いようです(
ただし絶対数は北海道よりかなり少ない)。

感染動物(狐、犬)の糞便中の虫卵(直径0.03mm)
を経口摂取することによる感染ですので、生水に
限らず山菜、キノコ、木石などに虫卵がついてい
て、それを直接、あるいは手を介して口に入れる
という感染経路もあり得ます。

生水や動物の糞便経由の感染はエキノコッカスに
限らず、野生動物の糞便の混入でワイル病やブル
セラ症など色々起こりうるし、今はダニを介した
重症感染症(SFTS)もあるので、昔から言われるよ
うに表流水はそのまま飲まない(煮沸)ことの他
に、虫除けスプレー、食事前に手を洗う(山では
難しいですが)、下山後の入浴~着替えといった
ことが、大事だと思います。また湧き水も、十分
長い距離を緻密な地層を通ってフィルターされて
いることが確認できない場合、例えば表流水が一
旦伏流してまた地表に出てきた場合などは、安全
ではありません。実際大腸菌が検出される湧き水
も少なくありません。

「生き抜くことは冒険だよ」、という長谷川恒男
さんの有名な言葉がありますが、こう考えると岩
壁氷雪だけでなく、野山も街中も人の世はすべか
らく危険に満ち溢れているわけで、まさに至言で
すね。

 

29日土曜日は燧ケ岳と尾瀬沼ハイク

 投稿者:尾崎  投稿日:2019年 6月30日(日)12時28分43秒
編集済
  週末29~30日の予報をSCWでスクリーニングしていると上越や
日光、那須、丹沢、富士山は次々の雨雲で無理そうでしたが片
品と檜枝岐の尾瀬地域で雨雲が抜けている事に気付きました。
金曜夜半から土曜日1300頃までの1dayなら雨に遭わずにハイク
出来そうです。1800に自宅を出て3時間、大間々からR122で県
道62号に入ると上りは心配になる程の激しい雨でしたが、峠越え
でそれも収まって安心しました。片品村に入ると路面も乾いて、
2300前に星も見える大清水駐車場に到着する。しっかり3時間の
仮眠が出来て0250大清水登山口からスタートする。
何時も通り大清水からはNHKのラジオが入ります。熊除け係でも
お喋りパートナーとは気が合うので退屈しません。鈍い天候と暗
い樹林ではヘッデン歩きも時刻以上に長く続きます。深夜だと数
居て驚かされる鹿の目も二つだけが光って飛んで行った。一ノ瀬
休憩所からの木道の径、沿った沢の水流の音が響いてもそれ程の
水量では無かった。尾瀬沼の畔に出て明るさが増しても馴染みの
燧ケ岳はガスの中でした。
0250大清水口-0339一ノ瀬-0441三平峠-0456三平下尾瀬沼山荘
周囲に見える樹々の緑の重なりが美しい。見頃が過ぎたと思われ
る水芭蕉は葉が成長して白い苞はすでに下に落ちていた。長蔵小
屋の灯がキラキラ明るく見える脇を抜け、センター前から大江湿
原に入る。散策していた小屋泊まりのハイカーに挨拶して長英新
道に向かう。大江湿原から橋を渡って台地に上がる所で見える尾
瀬沼の畔の建屋の佇まいは好きですね。長英新道で2時間の6合目
で小屋からの先行者に追い着いた。残雪は窪地や谷筋に何か所も
見えている。8合目ナデッ窪の分岐にはテープが張られていた。
陽の明るさは感じるが尾瀬沼は雲の下で眺望は無い。冷たい風が
吹き抜ける俎嵓山頂、山頂は携帯が入るので到着メールを送信し
た。ガスの中に一瞬隣の柴安嵓が見えた。
0519長蔵小屋-0535長英新道分岐-0753ナデッ窪分岐-0820爼嵓

 

29日土曜日は燧ケ岳と尾瀬沼ハイク

 投稿者:尾崎  投稿日:2019年 6月30日(日)12時25分45秒
編集済
  本日は俎嵓までとし下山のナデッ窪分岐に向かう。早朝からのガ
スで尾瀬沼からナデッ窪の残雪個所の確認が出来なかったので早
目の下降とした。雪の個所は長短含めて数個所有ったが、丁寧に
下りた。最後の雪面を通過した後、登って来る1dayのハイカーと
出会った。雲の下まで降りると尾瀬沼と沼尻の展望が開けて来る。
再建されてから初めての沼尻の休憩所には絵になる数のハイカー
が休んでいた。三平下までのこの時期の尾瀬沼周回も久し振り、
昼で気温がだいぶ上がって来た。
俎嵓0835-ナデッ窪分岐0855-1012沼尻-1100三平下尾瀬沼山荘
尾瀬沼山荘前でレスト後、人気コースなのでハイカーが次々に入
山して来る下山の径を挨拶をし続けながらのんびり下る。
尾瀬沼山荘1118-1250大清水駐車場
全行程25Km程度10時間のハイクは一度も雨に遭わずに来れました
が、帰りの大清水駐車場で着替え中にパラパラと小雨模様になり
ました。戸倉バス停脇の日帰り温泉で汗を流して4時間半の運転、
1900過ぎ帰宅。イヤーホント尾瀬のハイクは大好きです。

 

Re:梅雨真っ最中

 投稿者:上田  投稿日:2019年 6月30日(日)02時48分18秒
編集済
  谷川ファームのサツマイモの収穫が楽しみです。
川面さん手製のストーブで美味しい焼き芋が出来
そうですね。サツマイモの天麩羅も良い。梅雨真
っ最中、相変わらず公園東屋で懸垂、ハンドトラ
バース、引き付け、ランジとやっています。今日
は東屋にナナフシが来訪。手にとり小枝に移した
ら見事に擬態、枝になりきっています。確か去年
も同じ時期にこの東屋でナナフシに出会いました。
そっと木に戻してあげました。
 

梅雨真っ最中

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2019年 6月29日(土)21時11分7秒
編集済
  台風は東海上に遠ざかりましたがまだ、梅雨真っ最中です。多分
天気は悪そうですがこの時期、雨を楽しむのも一興かな?
先日、土砂降りの中でサツマの苗を植えましたが寒くはないので
天然のシャワー気分でした。サツマイモの種類はベニアズマ・金
時・ベニハルカ・安納イモの4種類です。たっぷり収穫出来たら
忘年会で焼き芋やりましょう。乞うご期待」です。

 

働いているのはメス

 投稿者:上田  投稿日:2019年 6月25日(火)23時07分25秒
  庭の桔梗に花蜜を求めてクマバチが良く
やってくる。目と目の間が黒くメスであ
ることが分かる。九大の粕谷先生の本に
よると働くのはメスとのこと。オスはい
る季節が限られ殆ど働かないらしい。ミ
ツバチのオスを英語でdrone(怠け
者)と言うとのこと。ハチもアリも同様
でアリはハチの一部になり膜翅目、ハチ
目に属するとのこと。そう言えば小学生
の頃に訪れた科学博物館で同じような説
明を受けた覚えがある。今日の公園トレ
では蟻の大移動を見た。巣別れだろうか?
これも殆どメスなのだろう。メスの染色
体は2nなのにオスはn。オスには父親
はいないが祖父はいるとのこと。昆虫の
世界が不思議なのか、はたまた我々人間
が変なのか。共存共栄ですね。(動物の
社会に見られる個体間の関係;粕谷英一)
 

渓流の大蛇尾川メンタルトレ

 投稿者:尾崎  投稿日:2019年 6月24日(月)21時25分32秒
編集済
  ここのところ短時間で天気が変わる谷川岳、金曜日午後
から夜半までの降雨予想、すっきり一日晴れるような事
が無いので壁のコンディションや気温を考慮すると今週
も遠慮して来月に順延、23日(日)は大蛇尾川でした。
土曜日の雨の後、星も見える穏やかな深夜の0時過ぎに
道の駅到着、セットしたアラーム0400で目覚める。
塩那橋下は幅広く流れが出ている蛇尾川を確認して林道
分岐0450スタートする。何時ものポイントから下降して
沢床0535。樹林の下降は滑るしザレとガレの後半も悪い
ので人数が多いとリスクも増えるんでしょう、この下降
ルートは、やり過ぎ位にフィックスがある。今回は暫く
前の残り餌でブドウ虫が10匹程度、黒く成ったミイラ
使えるのかな。師匠の予想通りに水量多く流れも速い中
怖いもの知らずのチビイワナ?アタリでも直ぐに外れる。
どこでも採れる川虫でしたが、今回は場所が限られまし
た。やっと23cm、27cm、20cmと来て3匹確保、錆の入っ
た25~6cmは針外しの最中に残念逃げられた。

 

渓流の大蛇尾川メンタルトレ

 投稿者:尾崎  投稿日:2019年 6月24日(月)21時24分12秒
編集済
  朝のうちは曇天、時々の晴れ間も有って遡行中心なら寒
さはそれ程では有りませんが、釣りになると止まらざる
を得ず、ネオプレーンのタイツとカッパ着用でも体が冷
えました。右壁のトラバースの淵は少し埋まって腰下ま
でで行けたし、4級のボロ壁の取付きも股程度で問題無
し。壁の浸み出しは多くても登りは何時も通りでした。
とんでもない位置に流木が載っていたり、大岩の配置が
変わっているように思える個所もあった。特に注意して
通過の大崩壊跡、ゴーローの巨岩帯を過ぎ土橋淵で1145
に終了とする。1215林道へ登り返す途中にパラパラと小
雨、1415傘を出す程で無く林道分岐車止め帰着。
本日は他に車も無く、入山は一人だけだった模様、新し
いフィックスは各所に見えてました。今の時期渓相の変
化が激しい大蛇尾川下部、本来の渓流釣りの楽しみの他
にメンタル面の良いトレーニング場所になっています。

 

土曜日の雨

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2019年 6月24日(月)08時54分20秒
編集済
  明日の大蛇尾川、多分10~20cmは平水よりも増水していると
思います。こちらは断続的なドシャ降りです。家の傍を流れる
新川は県北が水源ですが20cm程増水、濁りが入っています。
今朝、近所の農家のお婆さんから「サツマイモの苗が余ったから」
と200本頂きました。土砂降りの中、服を着たまま泳いだ状態
でサツマの畝作り~黒マルチ張りを完成、帰宅し早々に入浴し
ました。大蛇尾、増水と落石に気を付けて下さい。ガレの岩が
弛んでいると思います。
 

とある岩場“ニューライン”

 投稿者:上田  投稿日:2019年 6月24日(月)00時01分45秒
  沖野さんがあんこ岩左端のカンテにラインを
引いた。初登だ。下部のフェースから入りカ
ンテ右フェース側に入り上へ抜ける。下部は
カチからガストンへ。ボルダチックだ。TR
で浅野さん、私とトライするもワンムーブ迄。
ルート名;ニューライン 11c
この後奥の壁へ移動。沖野さんが昨日からト
ライしている新しいラインだ。私は大関さん
から峠の駐車場まで来たとの連絡を受けたが、
その後の林道はカーブが続き、距離も長い。
いつものメンバーに挨拶に来たとのことで迎
えに行く。とある岩場林道駐車場に着くと沖
野さん等も下りてきて松葉杖姿を見て破顔一
笑。元気でなによりです。
 

とある岩場“ワンツーカンテ”

 投稿者:上田  投稿日:2019年 6月23日(日)23時34分2秒
  今日はいつものメンバー、沖野さん、浅野さんと
とある岩場へ。いつものメンバー、大関さんは右
足踵の負傷で療養中。雨が心配されたがパラパラ
程度で何とか一日登ることが出来た。先ずは富士
岩横のカンテで遊ぶ。浅野さんが“ワンツーカン
テ”をRPした。SD4級
 

テストコース画像拝見

 投稿者:上田  投稿日:2019年 6月23日(日)00時31分37秒
  谷川さんのテストコース画像を拝見しました。
日付は1973年。ガロの“学生街の喫茶店”
が流行りました。今日も時折雨。公園東屋トレ
中に画像を拝見した大関さんより“ナイスガイ”
“格好良い”とメールあり。ホント真面目な
青年といった感じです。大関さんは動かせない
足の代わりに上半身のトレに頑張っているよう
です。
 

レンタル掲示板
/141