teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re:梅雨の晴れ間に

 投稿者:上田  投稿日:2018年 6月22日(金)09時08分15秒
編集済
  二上さん、ご無沙汰しています。お元気でなによりです。
前回お会いしたのは足尾渡良瀬渓谷でのクライミングでし
た。この時は空手をされていましたが、今は筋トレ、ベン
チで82.5kgですか。私は過去、補助が着いて80kgが精一杯
でした。尾崎さんの絞った身体を日光B沢の帰りに立ち寄
った霧降の湯で見ましたが半端ない鍛え上げた身体でした。
いつも川崎兄が言いますが「尾崎さんの大丈夫を真に受けて
はいけないよ」「壊される」、納得です。
また、クライミング、ご一緒お願いします。
 
 

Re:梅雨の晴れ間に

 投稿者:二上  投稿日:2018年 6月22日(金)08時58分23秒
編集済
  永らくご無沙汰しております。自分は昨年から殆ど筋トレにシフトしました。
有酸素系はジョグの月間走行距離を50キロ以下に抑えてます。その代わり筋
トレ、主にベンチ・プレスを週2~3回1時間かけて累積5,000 Kgほどの負荷
をかけています。サプリメントは採りませんが、尾崎さんとは逆に、この1年
で体重55~56Kg から62~63Kgに増えました。目下、ベンチ・プレスのマック
スは82.5Kgをクリヤーです。セットフォームなら100 Kgを10秒間ほど耐えら
れますが、100 Kg超を挙げるためには体型を大きく改造する必要があり躊躇
しています(山には登れない体型になると思います)。
古希を過ぎても未だに週3日勤務で仕事しています。今年度でもう働くのは終
わりにしたいとは思っています。低山ハイクでもいいから山に復帰したいもの
です。孫(女児3歳)がインドアの壁を綺麗なムーブでクリヤーしていきます。
親(娘)に「変なこと教えるな」って怒られました。
 

Re:梅雨の晴れ間に

 投稿者:尾崎  投稿日:2018年 6月22日(金)08時49分59秒
  体中、腕も肩も膝も腰も何時も痛い梅雨真っ只中、こんなに痛いのでは
言えません、「健康です」とは。週3、肩と上肢の1時間のリハビリウエ
イトトレーニングで筋力が80%以上回復して来ました。
梅雨真っ只中、雨でもウォーク10Kは出来るので、雨の合間を見てサイク
ル40Kも乗っています。一日雨なら10Kウォーク2本に変更して、毎日5
時間程度の有酸素運動、おばちゃんおじちゃんに追い越されてしまう軽い
負荷です。3回の食事は、決めた時間に食べるので、昼は弁当を作って持
ち歩いてます。食事量を減らしたり、抜いたりは一切しません。行動食は
他の人の2倍は食べるし、トレ中も菓子類等は携帯しています。
炭水化物や油脂を抜いたりはしてません。酒とタバコは無し。
家庭用のタニタメーターで体重62~63Kgの頃は10%程度の体脂肪率でした
が、この5年ばかり55~56Kgの現在は5~7%、油断すると、メタボ検診の
66~67cmウエストサイズが63.5cmになってしまったりするので、コレス
テロールの薬やダイエットで不規則な食事をしている「山ノ神さん」には
「蟻んこ」みたいだからもっと食べてお腹に脂肪を付けたらと言われます。
今でも人の1.5倍は食べているので無理な注文です。
 

イトトンボとのふれあい

 投稿者:上田  投稿日:2018年 6月22日(金)01時45分11秒
編集済
  加波山に行った大関さんより指先に
止まったイトトンボの画像が送られ
てきた。昆虫図鑑でイトトンボを確
認するとアオイトトンボかオオアオ
イトトンボである。しかしどちらも
縁紋のみ図鑑と一致しない。梅雨空
の中の微笑ましいトンボとのふれあ
いである。
 

梅雨の晴れ間に

 投稿者:上田  投稿日:2018年 6月21日(木)00時31分43秒
  昨日は梅雨の晴れ間、青空が!公園雲梯に
ぶら下がり自重トレ。尾崎さんの体脂肪7
%、体内年齢28歳。私はと言えばタニタ
の体重計で14.4%、標準、52歳と出る。
頑張ってるんだけどなあ、タニタだからし
ょうがない。今日は午後から島田ボード。
宮崎さんがボードをトラバース中。腰、膝
も良くなってきているようだ。暖かくなっ
てくると更に回復するだろう。トラバース
は第一関節しか掛からないホールドを選ん
で行っている。指は島田さんと同じ塑性変
形したままだ。故にパーミングとなると指
先が立ちきついらしい。13のカチホール
ド向きの指先のままだ。
 

『生涯現役!』Re:日曜日は梅雨の晴れ間に

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2018年 6月18日(月)09時57分36秒
編集済
  15トンもある炉ですか!しかも4基も・・・現役時代に玉掛けの資格は
取りましたがせいぜい2~3トンしか吊り上げたことはないですね。伐採
依頼者の特に非力な主婦等チルホールのレバーをガチャガチャ操作する
のは疲れるようです。今回使用している電動ウインチは良くRV車両やウ
インチ付きトラック等で使用している12V仕様で牽引力は5000LBSです。
(2260㎏)。これは北海道試験場で管理車両のサファリ3台に装備して
いた仕様でアイスバーンや圧雪路での実験中深雪の中に高速で突っ込ん
だ時引き出すのに活躍しました。私は雪に埋もれた4トントラックを引
き出したこともあります。又、雪解けの牧草跡地のぬかるみにはまりド
アの高さまで埋まったことがありました。ドアガラスから出てウインチ
のワイヤーを林の大木に掛け、3トン近い車重をグイグイ巻き上げ自力
で脱出したこともありました。今の自家用車はフレームが無くモノコッ
ク構造ですからウインチは付けられません。
伐採使用目的ですから引く方向のアンカーとなる樹木をあらかじめ1m
程残して伐採しておきます。伐採が全て終わったらアンカーの切り株は
地表から切ります。電源は車のバッテリー12vですからコードリールを
接続して使用しています。車は数十メーター離れていても大丈夫ですが
ウインチに高負荷を掛ける時はエンジン回転を2000rpm以上に上げない
とバッテリーが上がります。空師、伐採業をやっていると色々道具も増
えますがそれらを使いこなして出来るだけスムースに仕事をこなすのも
楽しみのひとつです。アンカーが無い田んぼや畑ではトラクターで引い
たりアンカーとなる樹木があれば立木を使いチルやウインチ、又フリク
ションの効く舗装路があれば自家用車を4WDロックにして引いたり色々
ケースバイケースですね。
『生涯現役!』を目標に少しでも人の役に立つならいいな~と思ってい
ます。

 

Re:日曜日は梅雨の晴れ間に

 投稿者:尾崎  投稿日:2018年 6月18日(月)09時36分56秒
編集済
  電動ウインチですか、道具増えますね。15tonの工業炉4基の
搬入据付を依頼した重量物の据え付け業者が車の付いたエン
ジン付きウインチを持って来た事が有りました。新設の工場
なので、電気のケーブルを引き回す必要も無く、ウインチ本
体もタイヤ付なので位置や方向の変更等に便利でした。最初
エンジンを起動した時にはウインチが走り出すのかと思った
くらいです。
重量物では自在ローラーに載せて横引きしても、傾斜を上が
時以外はウインチを巻き上げる時のみに負荷が掛かりますが、
木の伐採では絶えず張っておく必要があるのでリスクが高い
と感じます。ウインチのビレイアンカーの選定や固定ワイヤ
ーやスリングの強度点検チェック等、クライミングと一緒で
すね。
 

須走口から富士山1dayハイク

 投稿者:尾崎  投稿日:2018年 6月18日(月)09時21分21秒
編集済
  17日(日)は須走口(標高1970m)から富士山1dayハイクでした。
山頂までの標高差1700m超え、山頂気温5~6℃天気は快晴で安
定してました。遅れて5月11日に開通したふじあざみラインで
雪を歩ける5月中に行くつもりでいた須走口からの富士山も、
梅雨真っ只中で天気がなかなか読めません。前日1245に曇天
の自宅を出てのR246、御殿場も小山町も雨で道の駅 すばしり
1815到着で車中泊する。17日200起床で食事と装備の準備をす
るも、天気は未だ霧雨。300出発ふじあざみラインに入り4Km
のマーカーを過ぎると霧が晴れて乾いた路面を走っている。
日の出前でも須走口五合目の駐車場は雲海の上、富士山頂ま
でも快晴でした。須走口五合目駐車場400-1020富士山頂~
下山開始1040-1225須走口五合目駐車場

 

須走口から富士山1dayハイク

 投稿者:尾崎  投稿日:2018年 6月18日(月)09時15分19秒
編集済
  富士宮口や御殿場口は殆ど雪が消えてますが、吉田口と須走口
が合流した上にまだ雪が残っているとの情報でアイゼンとピッ
ケルは携帯でも出番は無し、風は有りましたが長袖1枚にカッ
パで丁度良い。吉田口と合流すると短パン軽装のトレランスタ
イルの登山者が一気に増えたが、夏道に残った雪がトレランシ
ューズでは滑るのを見て雪の報告を納得。すでに雪渓を切り取
ってブル道も開削されていたので雪を拾って下るのは無理、夏
の時期と同じにブル道を下れました。埃っぽい砂走りもルート
明確で快適に下山。ハイクで夏の富士山に登るなら空いている
6月が登り時でお得です。
ふじあざみラインでサイクルレースが有ったらしく、通行止め
で車が並んで待っていたが、こちらが出る時には解消していた。
渋滞が有っても午後の時間なので温泉もパスして片道5時間半
の運転は早かった。須走口五合目駐車場1300-1820帰宅。
そういえば、昨年も同日で御殿場口からハイクしてました。

 

とある岩場「ボルバカ」12b

 投稿者:上田  投稿日:2018年 6月18日(月)02時20分41秒
編集済
  沖野さんがワイドクラック左のフェースに
12bの課題を拓いた。立ち上がりからい
きなり核心だ。そのあとも絶妙なバランス
が要求される。ワンムーヴクリアーしては
弾かれ、ツームーヴ進んでは弾かれるとい
う繰り返しであったが、履いている靴がフ
イットしないのか履き替えた。そのあとム
ーヴが続き、2回ほどのトライで完登した。
課題名;最後の砦 12bTR 
 

とある岩場「ボルバカ」ワイド課題

 投稿者:上田  投稿日:2018年 6月18日(月)02時04分48秒
  今日は5月末以来のボルバカへ。沖野さん、
大関さんと新たな課題作り。私は深夜のワ
ールドカップTV中継に夢中で寝不足。林
道駐車場でゆっくり朝食をとり二人を追う。
下へ降りると二人はエリア最下段のワイド
クラック及びフェース下部の整地中。整地
が終わると沖野さんがワイドクラックを一
撃。続く大関さんも一撃でした。上手くな
ったものだ。
 

雌雄カブトムシ発見の報4

 投稿者:上田  投稿日:2018年 6月16日(土)14時01分46秒
  丁寧で分かりやすく、ご説明いただきありがとう
ございます。専門的知識をいただきました。私事
ですが、山が好きで良く昆虫を目にしてはじっく
りと観察します。今年の4月に茨城県の加波山の
中腹でザックに止まった昆虫は初めて見ました。
写真に撮りパソコンで調べましたらカメノコハム
シとのことでした。羽根の紋様が芸術的で仲間と
昆虫の世界の不思議さに話が尽きませんでした。
今回の奥島様から教えて頂いた雌雄カブトムシの
内容を仲間と共有させてください。


写真は、カメノコハムシのなかまですが、種名は
セモンジンガサハムシです。共有はどうぞ。
千葉県立中央博物館で昆虫担当をされている○○
さんはご存知ですか。私と大学の同じ研究室の先
輩にあたる方で、そちら方面で昆虫についてご用
件がある場合は、窓口になって相談にのってくれ
るはずです。機会があれば訪ねてみてください。
奥 島 雄 一
710-0046 岡山県倉敷市中央2-6-1 倉敷市立自然史博物館

以上が倉敷市立自然史博物館 奥島様より雌雄カ
ブトムシについてお問い合わせしご説明いただい
た内容です。忙しいにも関わらずに丁寧に対応し
ていただきました。カブトムシにも感動しました
が対応いただいた奥島様にも感謝です。
 

雌雄カブトムシ発見の報3

 投稿者:上田  投稿日:2018年 6月16日(土)13時33分37秒
  丁重なるご連絡をいただきありがとうございます。
雌雄カブトムシの寄贈、標本、展示に至る迄の経
緯、良く理解いたしました。昆虫少年の頃のカブ
トムシ及び昆虫への思いが67歳になる今尚強く
お問い合わせしました。強いて言えば御博物館に
て雌雄カブトムシが仲間である雄、雌のカブトム
シ等とどんな関係を持つのか?交尾するのか?交
尾しても子孫は残せるのかと学術的研究に思いが
至りました。


・雌雄カブトムシが仲間である雄、雌のカブトム
シ等とどんな関係を持つのか?交尾するのか?交
尾しても子孫は残せるのか→いずれも研究例はな
く不明です。交尾が可能かどうかについては、一
言に「雌雄型」といってもさまざまなケースがあ
り、腹部先端の交尾器の部分がオスになっている
かメスになっているかということと、まず物理的
に接合が可能かどうかでの判断となります。その
交尾器の部分は腹部の内部にしまわれており、確
認には解剖が必要なので生きている状態では無理
でこの度の個体については確認できておりません。
ただ。外見上、この部分が左右非対称でいびつな
形状をしているいことから内部の交尾器もオスに
してもメスにしても不完全な形状の可能性があり
ます。そうであれば物理的に交尾は成立しません。
正常であったとしてどうなのかということについ
ては事例研究がないので不明です。

現在のところ、展示時期は未定です。ご来館にな
るまえにホームページかお電話でご確認いただけ
ればと思います。また、収蔵していれば展示して
いなくても私が対応することでご覧いただくこと
は可能ですので、あらかじめお知らせいただけま
したら幸いです。
奥 島 雄 一
710-0046 岡山県倉敷市中央2-6-1 倉敷市立自然史博物館
 

雌雄カブトムシ発見の報2

 投稿者:上田  投稿日:2018年 6月16日(土)13時17分46秒
  雌雄カブトムシの件、NHKのウエブニュースで
知りました。昆虫ファンとして驚きました。今
後、標本として展示されるとのことですが、生
きた標本として展示されるのでしょうか?昆虫
ファンとして、生きた状態での展示をお願いし
たく存じます。あまりの驚き、興奮でメールさ
せていただきました。


ご連絡ありがとうございました。申し訳ありま
せん。生きた状態での博物館での展示は予定し
ていません。
理由は,
・カブトムシは博物館に鑑定のために持ち込ま
れたもので,生きている現在,男の子の所有で
ご自宅で飼育されています。まだ,博物館にい
ただいていません。
・当館は標本中心の施設で貴重な生体を安全な
状態で展示できる設備・人員配置が整っていま
せん。
・生きているカブトムシはほとんど土に潜って
おり,ケースごと展示してもほとんどガブトム
シをご覧いただくことができません。土を取り
除いた飼育はカブトムシにとって過酷な環境で
「かわいそう」という反響を呼ぶ可能性が高い
です。
依頼者には,「博物館への寄贈はいそぎません。
ただ,貴重なものなので死んでからでもいいし,
死ぬ直前でもいいので手放すときには腐らせな
いように博物館に譲ってほしい。こちらで責任
をもって標本にし,お披露目展示をして永年保
管とさせていただきます。」とお伝えしていま
す。
ご理解いただけましたら幸いです。
奥 島 雄 一
710-0046 岡山県倉敷市中央2-6-1 倉敷市立自然史博物館
 

雌雄カブトムシ発見の報

 投稿者:上田  投稿日:2018年 6月16日(土)13時03分57秒
  NHKのウエブニュースで雌雄カブトムシを
倉敷市の小学生の男子が発見を見て昆虫少年
からそのまま大人になったような私には驚き
の知らせでした。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180613/k10011476591000.html
男子がカブトムシを手に持つ表情が実に素晴
らしい。愛情もって育てているのが見て取れ
ます。行く行くは岡山県倉敷市立自然史博物
館で展示されるとのことです。そこで博物館
に展示についてお伺いしたところ担当の奥島
様より丁寧なご説明がありましたので紹介し
ます。
 

Re:インスタ映えする岩壁群

 投稿者:上田  投稿日:2018年 6月16日(土)04時39分28秒
  大谷の公園内のボルダーは車で通る度に気になっていました。
奇岩公園と言うのですね。このボルダーは触ってみたいと遠目
にいつも思っていました。しかし、眺める方が無難ですね。ボ
ルダラーが行って白い粉をつけ岩を占有しては訪れる観光客、
子供らに迷惑を掛けそうです。ボルダラー、クライマーが岩場
に行って地元にとって良いことは何もありません。駐車場は占
有するし地元で買い物をするわけでもない。古賀志は谷川さん
の尽力によって地主の方とコミュニケーションがとれ今のとこ
ろは問題なく登れています。昨今の岩場封鎖の問題はやはり利
用する側、クライマーに起因することが大きいようですね。地
主、地元の方とのトラブルがなきように気をつけて利用したい
ものです。
 

インスタ映えする岩壁群

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2018年 6月15日(金)21時28分47秒
  4日休んで1日伐採の合間に現場近くのギャラリーの女将さんから
自宅の庭木の伐採を頼まれました。女一人では中々手入れが行き届
かないし高い樹木は無理とのこと。思い切り切って更地状態にした
いとのことでバンバン伐採したら庭から後ろの岩壁が見えるように
なりました。ここで生まれて今まで暮らしてきたのに後ろの岩壁を
眺めたことはなかったとのこと。マァ樹木の陰で見えなかったんだ
から仕方がないですね。道路対面の奇岩公園も庭から良く見えるよ
うになり感激されていました。
最近の大谷はイチダイ観光地となり大谷資料館は平日にもかかわら
ず大型バスやマイカー、ハイカーが押し寄せるようになりました。
数年前に安藤さんのCKD関連のラジコン撮影にお供した時とは全くの
様変わりです。大駐車場隣りの奇岩公園では『インスタ映えがする』
と好評で写真を撮る人も多いとか。又公園内の岩では小さな子供さ
ん達がボルダ―も楽しんでいるそうです。大人には簡単すぎますが
小さな子供さんには楽しそうです。
私は公園と対面のお宅の伐採なので朝はコンビニでホットコーヒー
を買って行き公園を散歩しながら岩壁を眺めてモーニングコーヒー
タイムです。よくよく見るとポケットホールドが多く雑誌やビデオ
で見るフランスのビュークスの岩壁見たい!しかし、残念ながら岩
質が脆くポロッと欠けるのでクライミングは無理です。それでもこ
この岩壁郡は壮観で一見の価値ありです。是非、古賀志クライミン
グや渓流釣りの帰りに寄って見て下さい。

 

日曜日は梅雨の晴れ間に

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2018年 6月15日(金)20時48分59秒
  今日、明日と雨天、日曜日は梅雨の晴れ間になりそうです。
私は今日、明日と伐採道具のメンテナンス、日曜日は天気状況で
伐採の続きを作業します。4日おきに通っている現場も6割以上
が終わり先が見えて来ました。後は一人作業でも可能で気楽です。
今朝は4時起床、外を見るとザーザー降り!昨日使った電動ウイ
ンチをセットしたまま帰宅したので回収に行きました。一応防水
ですが明日も雨の予報なのでワイヤー等錆びますね。チルホール
ウインチも便利で良く使いますが電動の方はリモコン操作が出来
るのでチエンソーで幹を切込みながら徐々に牽引する操作が一人
でも出来るのが便利です。又、私のチルは牽引力1600kgですが
電動ウインチは2260kgなのでそこそこ大木も誘導切りが出来ま
す。仲間内で伐採作業が発生したら連絡頂けばお手伝いします。

 

Re:熊の親子の生態に感動

 投稿者:上田  投稿日:2018年 6月14日(木)05時38分8秒
編集済
  視聴しました。カメラマンの方は30年の長きに亘り熊と関わり、
物語は「次郎」が誕生してから10年の記録なんですね。舞台は足
尾ですが、私はこの山塊に良く足を踏み入れている割には地道に
熊を追うカメラマンの方を今回まで知ることも聞くこともありま
せんでした。感動を与える記録というのは地道に、長きに亘り観
察し結果生まれるのですね。母熊の座り込んでの授乳、雄熊の子
熊殺し、微笑ましくも痛ましいシーンもありました。子熊を殺さ
れた母熊は映像にはありませんでしたが雄熊に全てを預けたので
しょうか。我々社会生活とかけ離れた動物の生態と見るべきか、
いやいや我々も動物も同じと見るか、心に残る記録でした。
 

熊の親子の生態に感動

 投稿者:川面  投稿日:2018年 6月13日(水)22時16分29秒
編集済
  ダーウィンが来た 2018年6月10日 【密着30年!知られざるツキノワグマ】

ご覧の方もいると思いますけれどNHKの番組、足尾の山稜での熊の親子の
生態を見て感動しました。

https://www.youtube.com/watch?v=B25knlWUBrc

NHKスペシャル 森の王者 ツキノワグマ ~母と子の知られざる物語~

http://www.dailymotion.com/video/x58ly0u

 

梅雨の晴れ間に

 投稿者:上田  投稿日:2018年 6月13日(水)16時51分1秒
編集済
  今日は日光B沢渓流行の片付け。梅雨の
晴れ間にしては湿度の低い快適な晴れ間
である。テント、雨具を干し、縫い目に
防水スプレーを吹き付ける。こんな手入
れをするのは1年に1回あるかないかで
ある。午後からはパソコン店に行き、ス
マホからPCへ画像取り込み方を教えて
頂く。教えて頂きながら、「上田さん、カ
スペルスキーに警告が出てます」と言う。
本当だ!警告するファイル名が出ている。
「消してください」とお願いする。危ない、
危ない!ダウンロードしなくて良かった。
自宅へ戻り庭の桔梗を見る。アキアカネ
が現れる頃まで咲き続けてくれる。B沢
で尾崎さんが言っていた。「今年は秋迄に
土橋さんに会いに行けるかなあ」。去年は
確か台風、長雨と天候に左右されて行け
なかった。おっと、いけない!画像圧縮
の仕方も教わるはずがカスペルスキー警
告にビックリして忘れてしまった。笑)
 

Re:日光B沢渓流行

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2018年 6月12日(火)08時04分48秒
編集済
  日光B沢渓流行、釣果も有り良かったですね。クライミングは金曜の夕
方、雨予報で延期に決定しました。先日伐採の見積もりを依頼された家
に行ったら店舗建物の壁のツタに毛虫が発生、9日朝は04:30に起きて
開店前の06:00~07:00に噴霧器で薬剤散布しました。その後現在進行
中の伐採現場で約20mのヒノキの吊るし切り2本作業。年輪を数えたら
65年経過していました。17時過ぎ帰宅してそのまま昼寝、19:30目が覚
めて夕食後メールチエックでも、4時30分起床で2件の仕事、午後は高
木の上でもネム~イ!でした。9日夕方ドシャ降りの雨音で目が覚めたの
でB沢も増水ではと心配しましたが、局地的だったのですね。増水は釣
果に繋がりますが釣れる反面危険もあります。
10日は車に積み込んだ儘の伐採道具の片付け整理とメンテナンスでした。
 

Re:日光B沢渓流行

 投稿者:川面  投稿日:2018年 6月12日(火)06時23分34秒
編集済
  日曜日はお疲れ様でした。上田さんにご案内して頂き日光B沢の釣り、
初めての渓、それも変化に飛んだ渓相で新鮮でした。釣果も何とか面
目が立ちそうなイワナ一尾でした。
帰宅したら夕飯は鮭の塩焼き、仕方なく冷蔵庫に入れ、本日焼こうと
思い仕事から帰宅したら、シシャモがテーブルに並んでいました。
何だーと思いましたがそこは大人の対応、男一人オーブンでイワナを
丁寧に焼いて戴くと具合よく、ビールもすすみました。
土曜日夜からテント泊まりの上田さん。早朝からお迎えの尾崎さん、
篠原さんお世話になり有難うございました。

 

Re:日光B沢渓流行

 投稿者:篠原  投稿日:2018年 6月11日(月)16時44分9秒
編集済
  針や糸を枝に引っ掛け、服に引っ掛け、水中のイワナにも
偶然引っ掛けたりして昨日は楽しく遊べました。
ありがとうございました。

 

Re:日光B沢渓流行

 投稿者:尾崎  投稿日:2018年 6月11日(月)16時26分21秒
編集済
  梅雨真っ只中の10日は上田さん計画の日光B沢渓流行で、CL上田
さん 川面さん 篠原さん 尾崎のメンバで行ってきました。土曜
日昼前に今夜は〇〇の滝駐車場に泊まっている旨のメールが入り
予定より早目に行く事で全員に返信した。
0245自宅発-篠原邸0300-川面邸0400-0545には駐車場に着いた。
0400過ぎにはテスト釣りをしているかもとの予想は外れて、声掛
けしたテントから寝起きの上田さんの返答がある。たいした雨量
でなくとも、本日は昼過ぎからは確実に雨、何時降ってもおかし
くない空模様に0635駐車場を出発して登山道から〇〇の滝上に入
渓した0705。昨日の気温が嘘みたいな肌寒さを感じる天気、最初
の小淵で竿を出すと直ぐに当たりの感触が有る。水面に出た所で
バレてしまい残念。慣れた大蛇尾川だとラフな釣れない仕掛にし
てますが、荒沢は水流が遅く、淵そのものが小さく、水深も浅い
ので、仕掛けを変更0.8の道糸にハリス0.6のも用意してきたので
交換した。以降バレる事も無く結局12匹釣りあげて6匹をリリース
した。9日土曜日も釣師が入っているはず、小雨も降り濁りも出て
いるので、同じ淵で2匹や3匹も有りでしたが大物は出ませんね。
流れの岩にヌメリを感じる事は有りませんが水流を離れた巻道の
苔の美しさは繊細で格別に美しいものでした1100過ぎ終了。
林道に上がり、のんびり駐車場に戻った1150。
上田さんお薦めの霧降温泉「ほの香」、今市の正嗣の餃子を戴い
て解散となる。
上田さん、篠原さん 川面さん お世話様でした。次回も宜しく
お願いします。

 

日光B沢渓流行4

 投稿者:上田  投稿日:2018年 6月11日(月)11時33分11秒
  2段の滝を過ぎ次の滝下で尾崎さんが連
続してヒットする。そして篠原さんもあ
たりが来たようだ。この滝は水流が裾を
広げるように流れ落ち、来るたびに美し
いと感じさせる滝である。
 

日光B沢渓流行3

 投稿者:上田  投稿日:2018年 6月11日(月)11時10分15秒
  入渓してから最初に現われる滝。滝上に滑から
流れ落ちる滝を持つ2段の滝である。竿を出す
も釣れたのはリリースサイズ。そっと流れに戻
した。滝上に上がり竿を出すが滑と言えど濡れ
ていると危険が伴う。ザイルで確保しての釣り
となった。
 

日光B沢渓流行2

 投稿者:上田  投稿日:2018年 6月11日(月)05時40分12秒
編集済
  日光を代表する○○の滝上に立つ尾崎さん、篠原さん、
川面さん。ここから今日の渓流行は始まった。B沢
下部だけの遡行、釣り上がりとする。

 

日光B沢渓流行

 投稿者:上田  投稿日:2018年 6月11日(月)05時38分27秒
編集済
  日曜日は尾崎さん、篠原さん、川面さんと
日光B沢でした。○○の滝駐車場を出発時
は雨も止み曇天でしたが釣りには最適の天
候となり、期待も膨らむ。○○の滝上から
入渓することにする。B沢へ初めて来たの
は西 村さんに案内されてからだった。○○
の滝上、 沢床に降り立ったときはその渓
谷美に思わ ず「美しい」と感動したもので
ある。

 

幽ノ沢中央壁正面フェース

 投稿者:尾崎  投稿日:2018年 6月 7日(木)08時15分19秒
編集済
  5月後半は天候が合わずに幽ノ沢V字岩壁右ルートが中止、一ノ倉沢南稜
が延期になって、やっと5日(火)に藤枝さん 宮下さんの友部山岳会の山
行に参加させて戴き、今季最初の谷川で幽ノ沢中央壁正面フェースに行
って来ました。V字 右と同じ位の数で、6~7回は登っていると思います
が、どの場合もドラマが有ったような気がするルートです。
初めての時は雪渓通しでT1に載ってしまい、トウフ岩下の取り付きまで
トラバース、更に1P目の終了点が見つけられず、急傾斜の笹を掴んでク
ライムダウン後、更にV字の取り付きまでトラバースして、V字右に入
る結果となったので印象深いルートになりました。
今回ご一緒した藤枝さんとも3度目の登攀となります。
指導センター3:57-4:16マチガ沢出合-4:36一ノ倉沢出合-4:53幽ノ沢
出合、雪が消えていたのでそのまま遡行、20分程度で雪渓が出てからア
イゼンを装着して埋まった大滝を越えた。左俣の雪渓には大穴が見えて
いたし、右俣も随分と縮小して奥にはブロックが不安定に載っていた。
限界まで詰めてから、雪渓を左に下りて取り付き側に大きく周り込んだ
6:20。今回は取り付きまでトップでロープを引き、後はサポーターとし
てビレイをさせて戴きました。

 

レンタル掲示板
/119