teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


19日は今期最終の渓流釣り

 投稿者:尾﨑  投稿日:2018年 9月20日(木)08時16分3秒
編集済
  3連休は家事で時間が取れず何処にも出られずでした。19日(水)は晴
の予報で栃木県の今期渓流解禁最終日の大蛇尾川渓流釣りに行って来
ました。前夜は激しい雨の中を境から小山、宇都宮を通過しましたが
那須塩原は雨雲の範囲外で星空の下、道の駅しおばら泊りでした。
0510大蛇尾林道分岐車止め、ヘアピンから下降中に地元のフライマン
2人パーティにお会いしました。時間を掛けてゆっくり行かれるとの
事で場を荒らさないように距離を開け、壊れた堰堤の先まで大きく巻
くように先行させて戴きました。ネオプレーンのタイツで丁度良い水
温、早春の3月、4月を思い出してしまう日陰の沢の流れです。
前方にバラバラと落石、カモシカがバランスを崩しながら何とか態勢
を立て直して急傾斜の右岸を登って行ったところでした。0800を過ぎ
ると切り立った上部に明るく陽射しも見えて来た。ザックの底まで着
く渡渉でも遡行には適度な水量で、易しく穏やかな大蛇尾川でした。
淵の右壁のトラバース、堰堤越えの壁登りもコンディションは問題無
く、ゴーローを過ぎて1130にゴルジュ手前のビ淵到着。今日は自分手
製の弁当でのんびりゆっくりコーヒータイム。残雪と氷のゴルジュの
3月、-3℃足が痺れる2度目の遡行、ゴールデンウィークの山葵、水
流に入るのが気持良かった夏と結構通いました。一人の場合にはリス
クが判る分何度来ても緊張します。事故や怪我無く無事に終了、納竿
の日を迎えました。本日の釣果は良型のヤマメが2匹含まれて14匹、
11匹確保。1300前に土橋淵から林道に上がる。1450林道車止め帰着。
本日は此方以外に那須、川崎、柏と3台の車が入ってました。平日の
渓流釣り、贅沢だと思います。矢板城の湯で汗を流し緊張を解す。R4
とR16を乗り継いで夕食前1910帰宅。師匠何時も心配戴きありがとう
ございます。

 
 

奥只見

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2018年 9月19日(水)21時14分20秒
  大田原市幼稚園の伐採も無事終了しました。
今月末で東北地方の渓流釣りも禁漁となります。金曜日の夜あたりか
ら奥只見へ行こうかな~と思います。食事と喫茶 『山んなか』へ寄
り挨拶を兼ねて久しぶりにイワナと対話でもして来ようかな~?と言
うような程度です。昔と違い”頑張って釣るぞ~”と言う意気込みは
無いです。『トシですね!』 山深い樹林の中を流れる渓谷の美しさ
を眺めながら出来ればイワナと遊んでやるかと言う気分です。

 

夜も更けて読書の秋

 投稿者:上田  投稿日:2018年 9月19日(水)01時28分52秒
編集済
  公園トレへ行き、空を見上げると秋の雲だ。
坂道を急ぎ足で歩いても汗が出ない。涼しく
なったものだ。帰宅してメールを開くと尾崎
さんは今年最後の渓流へ。谷川さんは只見へ
行くという。只見へは会社の者数名共々連れ
て行ってもらった。数十年前のことだ。結婚
して間もない若者は妻と参加した。その若者
は程なくして会社を退職しA県の採用試験を
受け職員となった。私と耐久レースに出、3
0代部門で入賞した。今でも谷川さんのこと
は覚えていてお世話になったと言っている。
今日は手塚作品を読む。作品名は「きりひと
賛歌」 出版社;大都社。初版発行がS49
年となっているので43年ぶりに目を通すこ
とになる。手塚作品に引かれるところは一貫
して人間賛歌を詩っているところである。初
期の作品「新宝島」から「鉄腕アトム」「リボン
の騎士」「ブッダ」「火の鳥」「ブラックジャック」
全ての作品がそうだ。鉄腕アトムに心を持た
せたのも手塚治虫氏だから出来たことだろう。
耐久レースのスタート前の3人、只見へ連れ
て行ってもらったメンバーである。
 

リップトラバース課題

 投稿者:上田  投稿日:2018年 9月18日(火)00時41分57秒
  イルカ岩のすぐ下にそう高くない岩がある。
沖野さんはリップトラバースが出来ると掃
除に掛かる。一見見過ごしそうな岩でも沖
野さんは課題にする。加須の小島さんもそ
うだ。川原の石ころが立派な課題となる。
熟練した石工はどんな石でも仕事をする!
と言うが同じに違いない。
課題名;SWEET SD3Q
 

スラブ課題“アムラ~”

 投稿者:上田  投稿日:2018年 9月18日(火)00時17分33秒
編集済
  スラブ掃除が一通り終わり早速沖野さんが
立ちスタートでカンテ無しでトライ。出だ
しフットホールドを確認し立ち込んだ後プ
ッシュで身体を上げる。身体は上がったが
そのあとの足が決まらない。一旦降りて出
だし足を入れ替え、ムーヴを確かめ3回目
にクリアーした。そのあとSDスタートで
トライ。2撃だった。私は立ちスタート撃
打ちして何とかクリアーした。
課題名;アムラ~ SD3Qカンテ無し
課題名は安室さんの25年間の頑張りに負
けない様にとの思いから。
 

とある岩場「ボルバカ」開拓

 投稿者:上田  投稿日:2018年 9月17日(月)23時47分47秒
編集済
  今日は沖野さんとボルバカ開拓でした。先週、
水曜日にも大関さんと来ましたが、イルカ岩
隣のスラブ掃除途中にトライした大関さんが
後ろ向きに落下、転倒し臀部を負傷した。掃
除が残り先ずはスラブ掃除と下へ降りると沖
野さんが懸垂しながら掃除の真っ最中でした。
バランスで立ち込むようなスラブはきちんと
掃除してからでないと危ない危ない!臀部負
傷全治7日間、2日間じっとおとなしくして
いたそうです。
 

めっきり秋めいて

 投稿者:川面  投稿日:2018年 9月16日(日)22時13分30秒
編集済
  猛暑も収まって、めっきり秋めいて来ました。久々に日差しが
出た今日はブロッコリーとキャベツを植えました。キャベツの
苗はポットにも植えましたので、自宅の庭先で育ててはどうで
すか? 11月後半には丸く育ったキャベツが食べられると思い
ます。次回の此方を通過する際に寄ってください。

 

セルフビレイは・・・・・

 投稿者:上田  投稿日:2018年 9月16日(日)00時01分23秒
  今日は雨、おとなしく山道具の繕い、本棚の整理を
して過ごしています。八戸に転勤した和田さんから
元気にしています。皆様によろしくお伝えください
とメールがありました。

福島の友達他、安藤さんからのエキノコッカス症に
ついてのメールを転送しましたが、さらに友達から
仲間内に注意喚起の転送をしたところお礼の返信が
ありましたとのことです。何気なく飲んでいた沢の
水にも感染症につながる危険があることを安藤さん
の説明の中でよく理解したとのことです。

今夏の猛暑、集中豪雨、地震、本当に何が起こるか
分からない。町中、野山、人の世はすべからく危険
に満ち溢れている。もっともです。セルフビレイは
しっかりとってください。
 

光徳温泉~太郎山~男体山~二荒山神社ハイク

 投稿者:尾﨑  投稿日:2018年 9月14日(金)08時46分32秒
編集済
  12時間程度は歩ける確認を日光ハイクで積み重ねてます。
先週末は不安定な予報で順延、曇り予報で1日持ちそうな12日(水)
に光徳温泉駐車場~山王峠~太郎山~志津乗越~男体山~二荒山神
社前(中禅寺湖)のハイクでした。
前夜、霧に包まれたいろは坂を抜け中禅寺湖に出ると星空、光徳の
ホテル前の駐車場2100着、此方以外は観光バス1台のみ。12℃、曇
天でも奥日光は雲の上、放射冷却で冷えそう。0100には目覚めてゆ
っくり準備しているとフクロウ?犬の遠吠えのような鳴き声が響く。
0.6Lのテルモスの湯を菓子パンとおにぎりで飲み干してからヘッデ
ン熊ラジもONにして出発する。山王峠・湯元へのハイクコースは明
瞭でも、峠先で分岐する山王帽子山・太郎山方面が深い笹藪トレイ
ルで、間違った踏み跡に入ってロスタイム。車道が直ぐなのでGPSで
確認して車道に出た。戻るような車道歩きで太郎山の標識から再度、
笹藪トレイルに入る。足回りはスパ長に雨具を履いているので濡れで
冷える事はないが、10℃以下まで気温が下がっているようで久し振り
に手袋を付けて寒さに備えた。熊ラジも感度良く入り聞きながら高度
を上げて、傾斜が弛むと山王帽子山の山頂標識前。5時前では周囲も
暗く見通しも効かない。

光徳温泉P0150-0252山王峠-0312太郎山取付-0418山王帽子山0423

笹藪の下りでルートに乗った倒木が煩い、小太郎山の登りに入ってや
っと明るさが増し空の青さが樹林を通して見通せるようになった。

 

光徳温泉~太郎山~男体山~二荒山神社ハイク

 投稿者:尾﨑  投稿日:2018年 9月14日(金)08時45分43秒
編集済
  樹林をゆっくり抜けた青空の下日の差す小太郎山山頂からは周囲に広
がった雲海に峰々が浮かび上がる。短い岩稜を抜けて太郎山に着くと、
眼前の男体山、大真名子山、女峰山、西に白根山、後に燧ケ岳と一望
レストして通過メールを送信する。山頂下、木道の敷かれたお花畑を
抜けて志津林道までの迷う事のない下山のトレイルを辿る。

0600小太郎山0605-0632太郎山0642‐0806林道出合-0826林道分岐

気温も大分上がった志津乗越でレスト後、男体山登山口に入る。傍の
志津小屋内部を見学してからトレンチ状にえぐれたトレイルを両側に
も踏み跡があるので脚に易しくを心掛けて行く。登りは2人パーティ
と擦れ違ったのみでしたが、男体山山頂は時間も昼近くのせいか大勢
の登山者で賑わっていた。通過メールを送信。岩の多い下山の道も暫
くは山頂を目指す登山者が多かった。二荒山神社に下山したのが14時
を過ぎてましたがバス停1403発の湯元行きバスも遅れていてジャスト
乗れました。

-0906志津乗越0911-0916志津小屋-1142男体山山頂1155-1405二荒山
神社前バス停-1425光徳温泉アストリアホテル

バス代730円、予定より早い光徳温泉駐車場帰着で帰りの日光温泉の
熱目の湯で汗を流し、脚と膝を癒す時間も充分取れました。
男体山からの下山の径は岩混じりですが、他の個所は登り下りのし易
い径で日光は誰でも楽しめるハイクコースが多く有ります。1日良い
天気で膝脚も故障無く終わって夕食前1930帰宅。

 

Re:登ることは本能かな?

 投稿者:上田  投稿日:2018年 9月13日(木)05時20分46秒
  公園にボード、羨ましい限りです。手足限定でトラバース課題が
出来そうですね。が、ここは幼児、児童の身体の発達のために大
人はグッと我慢ですね。笑)私の公園ボルダー、雲梯、階段テラ
ス利用は犬を連れて歩く方々、ジョガー、ウオーカー、そして公
園を管理されている方と小まめに挨拶を交わしているおかげか頑
張っているねと声を掛けてもらっています。雲梯での指先懸垂は
これまで両手を伸ばしきった状態から行っていましたが、尾崎さ
ん流に肘を曲げた状態からに変えました。これは結構腕に来ます。
指先の力は強いと思っていましたが、島田ボードで宮崎さんの指
先トラバースを目の当たりにすると力の差の大きさに愕然として
しまいます。何しろ島田御大と同じ塑性変形した指!半端じゃあ
りません。丸いホールドは掌、面で押さえることが出来ず、指先
で押さえようにも浮いて滑ってしまうとのことです。ジムホール
ドがカチからR主体になってきており、核心にこれが出てくると
困るんだと御大は嘆いていました。

 

登ることは本能かな?

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2018年 9月13日(木)05時17分56秒
編集済
  上田さんが公園のタワーでスラブ登りの練習を見てビックリ!
”変なオジサンが居る!”と通報されませんでしたか?(心配です・・・)
それより落ちたら打撲だけじゃなく骨折しそうです。今年の春先に久
しぶりに孫が来たので団地の公園に行きました。1~2年前に設置され
たのか?小さなクライミングボードが出来ていました。今年、小学校
に上がった孫は大喜びで何度もトライしていました。団地が出来た30
数年前にはありませんでしたから時代ですね~!クライミングは楽し
みながら身体能力を向上できるから良い趣味だと思います。

 

公園ボルダー敗退

 投稿者:上田  投稿日:2018年 9月12日(水)00時58分53秒
  午後からフラットソールを持って公園
タワーへ。フリクションが効いて軽く
上へ身体が上がる。バンドを押さえバ
ンドに足を上げようとするもバンドは
雨水が流れやすいように勾配が付いて
いる。平なのは15mm程。バンド上
のカンテまでは手が行くものの怖くな
ってまたもや敗退、持ち越しとなった。

 

Re:幼稚園その後

 投稿者:上田  投稿日:2018年 9月12日(水)00時31分2秒
  いや~谷川さん、幼児教育に貢献されて
いますね。(^^ ) 2歳児を発見救出され
たスーパーボランティアの尾畠さんが「子
供は上へ々行くんですよ」と話されていま
したが園児の画像を見て納得です。
私はと言えば午前中は公園を徘徊。とあ
る岩場ボルバカの5級Rの課題でカンテ
を押さえきれずに反転落下、敗退したの
で公園内にカンテになりそうなものがな
いか見て回りました。あったんです。タ
ワーが!それも垂直、綺麗な面が。頭上
バンドに立ち込む課題としトライしてみ
ました。素手では滑ったのでラバー付き
の軍手で。レイバックから入り頭上バン
ドに手を掛けバンド上のカンテを押さえ
込んで上がろうとしましたがアップシュ
ーズでは足がフイットせず敗退。午後か
らフラットソールを持って出直しとしま
した。  
 

幼稚園その後

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2018年 9月11日(火)15時32分56秒
編集済
  今日は久しぶりに2年前に伐採した大田原市の幼稚園に行って
来ました。立ち枯れのクヌギと高木になりすぎて強風で上部の
枝が折れて物置を壊した樹木の伐採依頼があり現場確認でした。
どちらも落葉樹ですから11月から冬の間に伐採をしたいところ
ですが今月末に幼稚園の運動会がありその前に切りたいとの事
です。確かに枯れ枝等が子供の上に落ちたらケガになります。
2年前に設定した大ホールのクライミングホールドは今も大人
気だそうです。当時はこんなに人気になるとは思っていなかっ
たと園長先生のご感想でした。
今では雨後のタケノコのようにクライミングジムがありますが
幼稚園にクライミングボードがあるのは全国でも珍しいんじゃ
ないでしょうか?園児の皆さんにとっても腹筋や背筋、手足の
筋力、バランス感覚等楽しみながら鍛えられるので今後ますま
す増えるんでしょうね。

 

とある最恐の5級課題SDスタート

 投稿者:上田  投稿日:2018年 9月10日(月)01時35分50秒
  沖野さんが立ちスタート一撃のあと、SD
でトライ。スタンスを決め、身体を持ち上
げ更に上のカンテを押さえに行こうとした
が押さえきれずに身体が反転しながら落下
した。勢い余ってマットを越えたら斜面を
転がることになる。体勢を整えムーヴを確
認し3回目にクリアーした。
課題名;ピンチ 4QR
 

とある最恐の5級課題

 投稿者:上田  投稿日:2018年 9月10日(月)01時19分5秒
編集済
  下半分が切れ落ちた高さ約5mのボルダ
ーを沖野さんが一撃する。右ホールドは
安定しているが左カンテは浅い縦の凹み。
また薄被りである。これが外れると右手
支点に身体が左のため自身の体重で回転
力が働き反転するように落下する。場合
に寄ってはマットを越え斜面を転がりか
ねない。立ちスタートの後SDスタート
した沖野さんは左手が外れ反転するよう
に落下したのである。沖野さん曰く手数
が少ないので5級と。続いて大関さん、
上田が立ちスタートでトライ。左手カン
テの凹みが浅く押さえきれない。振られ
たくないのでヒールフックを掛けたいが
左手が外れたら反転落下する。はまりに
はまって次回以降の持ち越しとなった。
ジムを含め外岩で5級を持ち越しとなっ
たのは初めてだ!とある最恐の5級課題
だ。トホホ
 

とある岩場「ボルバカ」開拓

 投稿者:上田  投稿日:2018年 9月10日(月)00時37分23秒
  今日はとある岩場「ボルバカ」で開拓
でした。林道に入ると路面は濡れ、
林道脇の壁は全て濡れている。駐車
場に着くとガスが流れていく。涼し
い。気温は24℃くらいだろうか。
エリアへ降りると案の定壁は濡れ々。
空は青空、壁の乾くのを待って下地
の整備をする。課題作りはマットか
らトップリップ迄の高さ約5mで下
半分は切れ落ちているボルダーだ。
これが大関さん、上田がはまりには
まったボルダーとなった。
 

楽しき哉、山、クライミング3

 投稿者:上田  投稿日:2018年 9月 6日(木)01時01分36秒
  島田ボードルーフに大関さんが取付く。
とあるで沖野さんにSDスタートを鍛え
られ前傾壁スタートをSDとした。難な
く身体を持ち上げルーフまで登りきった。
とあるでも今日のように力を発揮出来る
かな?^^
 

楽しき哉、山、クライミング2

 投稿者:上田  投稿日:2018年 9月 6日(木)00時46分52秒
  宮崎さんは膝、腰も復調してきている。トラ
バースも軽快だ。このボードのトラバースを
指先だけで軽く2往復する。1往復で11a
はあろう。島田さんが岩手山に履いて行くと
いう靴を見せてくれた。新しく買ったという。
古いのはと言えば、ソール、踵の部分が剥が
れている。接着剤の強度、判断は難しい。繰
り返し使用による破壊、温度、劣化による強
度低下が考えられるからだ。私も土橋さん捜
索のババ平荷揚げの帰途、横尾からの水平道
でアプローチシューズのソール半分がいきな
り剥離した。年数は経っていた。また使用頻
度から繰り返し使用による破壊だろう。外観
からは判断がつかない。注意すべきは剥離は
起こりう得ることで剥離にあった場合に速や
かに処置が出来ること。幸いテーピングテー
プがありテーピングで支障なく歩くことが出
来た。

 

楽しき哉、山、クライミング

 投稿者:上田  投稿日:2018年 9月 5日(水)23時48分30秒
  今日は島田ボードへ。島田さん、宮崎さん、大関
さんと山談義、クライミング談義しながらの登り
でした。大関さんはジム壁のホールドがセッティ
ング中とのことでつくばから銚子島田ボードへ。
ボードへ着くと島田さんは君ヶ浜の砂入りザック
を背負って登下降中。夏場はホールドが湿気って
安全の為、砂の重量を下げたらしい。下げたと言
ってもザックの重量は27~28kgだ。来週は
山歩き、岩手山、そして周辺の山を歩くらしい。
最近足が細くなったと裾をまくり上げたが、とん
でもない、赤銅色した筋肉の塊である。足が基本
の登下降。細い足では28kg背負って前傾壁の
ホールドをピンチで登下降は無理である。
 

小雨の大蛇尾林道ハイクと渓流つり

 投稿者:尾﨑  投稿日:2018年 9月 3日(月)09時44分31秒
編集済
  2日は大蛇尾川でした。スパ長とビニール傘を積み込んで前夜出発
シュラフが心地良く道の駅しおばらで2130から400までぐっすり。
最終予報をチェツクすると小雨のマークが連続しているので沢靴は
止めてスパ長に決める。5:15車止めからゴルジュに向かう。こんな
予報だと地元の釣り師は良いと判断するのか2台の那須車が入って
いた。林道を奥に進むと小雨となり、ビニール傘の出番となる。
グッショリ濡れた下降ルートも万全のスパ長装備で問題無くゴルジ
ュに入った。泡立つ落ち込み、良い感じの水量ですが魚は居留守で
雨も止んだ9:00過ぎには土橋淵に下りる。ゴルジュの廊下上に下り
る為の新しめのトラロープが見えていた。
倒木に岩も動いたのかビ淵辺の変化が多い。初めての釣果は小さな
ポイントで25cmが来た。ぬめった岩の上はスパイクも効かないので
ここまで、後はゆったり緑の世界に浸って11:00に終了。帰りの林
道、前に良く使った駐車スペースには朝から地元のジムニーが止ま
っていたが犬が一匹いて・・・・近づいて来る。野犬だとマズイ
と思いましたが、次の広いスペースのデリカ前に犬を連れた方が居
られたので安心しました。野生動物の調査をしている鳥獣管理士の
地元の星さんで、犬を連れてイノシシ、熊、鹿、カモシカ等の径を
行くとか。「入口のあの車 お宅の?良く来るよね。」と言われて
しまいました。狩猟、渓流釣りもされるとかで暫くお話ししました。
皆さん大滝上がメインの釣場らしく更にもう一台地元の車が入って
ました。13:10林道分岐車止めに下山、師匠に報告メールを入れる。
5時間のハイクを楽しみ、釣果1匹の渓流釣りに矢板「城の湯」で
湯に浸かり充分満足しました。途中断続的に雨に遭っても夕食前の
18:10帰宅。

 

岩場の滝で水遊び

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2018年 8月30日(木)04時23分13秒
  今年は異常な暑さでした。今月も13日と26日はキッズ&ママ友達
のクライミング講習でした。キッズ達は岩場の滝で水遊びやおや
つタイムが楽しみです。私も汗ダラダラで岩登りより滝行をした
いのがホンネ! しかし、9月も末頃からいよいよクライミング
ベストシーズンです。老化防止、体力向上を目指して登ります。

 

今日は島田ボード

 投稿者:上田  投稿日:2018年 8月30日(木)00時13分21秒
  尾崎さん、自転車道で後方から追突され、
且つ追突されたにもかかわらず相手から
責任転嫁と言えるような言動を受けられ
災難でした。自分で救急車を呼ぶのは納
得でも、警察まで連絡する。警察官の事
情聴取後の「相手への処罰して欲しい気
持ちは?」「事故証明の発行を受けますか
?」、何れも断られたとのことですが、私
なら「イエス」です。なんと寛大な!自分
の過ちは素直に認め誤ることが大事です
ね。KのD石のボルダー禁止は市民の方
に注意を受けたボルダラーが過剰に反応
したのが一因。冷静さ、素直さを欠いて
は解決からはほど遠いことの一例ですね。
今日は午後から島田ボードでした。宮崎
さんは膝の具合も復調気味で前傾したボ
ードを指先第一関節だけでトラバースし
ていました。島田御大は銚子君ヶ浜の砂
入りザックを背負い、掴んだホールドを
軋ませながら、登下降していました。


 

Re:キュウリも、そろそろ

 投稿者:川面  投稿日:2018年 8月28日(火)21時07分46秒
編集済
  猛暑も少し和らいだ様です。それにしてもキュウリ栽培で100本と
は見事な収穫ですネ。こちらはキャベツ・ブロコリーの種巻後で苗が
すくすくとモヤシの様に伸びて植え時季が待ち遠しいです。時季にな
りましたら 此方産の苗を植えてはどうでしょうか。谷川さんもワン
パック植えるそうです。

日曜は恒例の5000本のトマト植えの手伝いでした。何とか植え終わて
自宅に帰り、風呂に浸った瞬間の気持ち良さはなんと言ったら・・・
久々に脚の筋肉痛も味わっています。
 

キュウリも、そろそろ

 投稿者:尾﨑  投稿日:2018年 8月28日(火)13時38分18秒
編集済
  毎日5~6本、10本採れた事もあるキュウリ、そろそろ終わりに近づ
いてます。100本以上は採れたので浅漬け作りが日課になってました。
三杯酢漬けと塩昆布漬けは私にも出来るので毎日毎日飽きずに作り、
戴きました。

 

Re:志津乗越から女峰山周回ハイク

 投稿者:尾﨑  投稿日:2018年 8月27日(月)08時26分52秒
編集済
  上田さんお早うございます。
写真の上田さん20数年前でしょう、いやーお若い
ですね。羨ましく絞れてホントイイ感じです。

今回は誰でも楽しみながらハイクできて撮影 給水
レストを含めて一般的なコースタイム通りです。
スパ長で息の上がらない、膝や腰に無理が来ない
歩きながらマッサージをされているような感覚を
得られるハイクだと思います。

21日には手賀沼の自転車道で後から追突され、相
手は顔面打撲で歯を折ったし、此方は脚と両腕の
打撲でした。そんな翌日15~30Kの庭石を10個程度
抱えて移動し腰ベルトで注意したものの2日目に
腰に違和感と微小な痛み。左膝も庇わずにしっか
り歩かないとで、次々のトラブルは誕生日のプレ
ゼントみたいなものです。それらも最後は動かな
いと治らないんですね。未だ左膝リハビリ中、完
治は無いので歩きの確実なキャリアを積み重ねる
為に暫くは丁寧に行きます。ハイク中ザックのウ
エストベルトでしっかり固定した腰痛は治りまし
た。
 

Re:志津乗越から女峰山周回ハイク

 投稿者:上田  投稿日:2018年 8月27日(月)00時33分1秒
編集済
  尾崎さん、お疲れ様でした。ナイトハイクと
言うよりもミッドナイト登山そのものですね。
アップダウン、標高差を乗り越え歩く。私が
経験した24Hr山岳耐久レースのアップダ
ウンを遙かに凌いでいますね。周回コースの
標準タイムは分かりませんが、日々トレで鍛
えた脚、山岳レース上位同様のタイムではな
いかと思います。画像は第4回耐久レースの
ゴールイン。周りの方の声援、拍手につい笑
みが!タイム、順位は聞かないでください。(^^ )
 

志津乗越から女峰山周回ハイク

 投稿者:尾﨑  投稿日:2018年 8月26日(日)13時02分22秒
編集済
  25日は戦場ヶ原から連なる山を志津乗越から~大真名子山~小真名子山
~帝釈山~女峰山と繋げる周回ハイクでした。24日の夜は台風一過の流
れ雲を十三夜月が明るく照らす奥日光三本松園地で車中泊、静かな無料
駐車場でトイレも直ぐ傍、実に快適に休めました。
0100に起き出して準備、志津林道で梵字飯場跡の駐車場に0135に入りヘ
ッデンスタートする。樹林の中で月明りは殆どない。不安定な天気予報、
早い時間に雷雨の可能性もあるのでカモシカハイクとした。脚回りはスパ
長に雨具のパンツ、Wストックと熊除けラジオを鳴らす。ジグザクの道は
ショートパスせずに道通りに行く。志津乗越から大真名子山のトレイルに
入ると、最初は傾斜が緩く背丈のある笹藪が続いて長袖シャツが濡れ寒く
なった。傾斜が増すとそれも適度な気温に感じられる。樹林の中で見通し
も悪く、やっと0500近くになってから明るさが増して来た。社と標識の
ある大真名子山頂を通過して一気に鞍部の鷹の巣に下る。小真名子山頂は
展望が開け電波反射板からは北の山並の広がりを見て取れる。続く帝釈山、
女峰山も面前で長いガレを下りると林道が上がっている富士見峠。
帝釈山の登りは長く緩い、ゆっくり樹林を抜けて山頂に着くとやっと展望
が開けた。多少の痩せ尾根から最後は穏やかな登りで女峰山頂に到着する。
トレイルは殆どが樹林の中、山頂と下りのみ展望が効く、小粒で箱庭的な
印象です。
 志津林道-梵字飯場跡P0145-0305志津乗越-0525大真名子山0530
 -0617鷹の巣-0659小真名子山0705-0740富士見峠0745-0905帝釈山
 -0945女峰山0955

 

志津乗越から女峰山周回ハイク

 投稿者:尾﨑  投稿日:2018年 8月26日(日)12時38分24秒
編集済
  山頂からガレを下って唐沢避難小屋までの下り方向、標識やマークがメン
テされたのか色鮮やかで数も増えてました。左膝を庇わない程度のゆっく
り下山を心得ましたが土や岩にザレやガレを含めてスパ長の安定性に助け
られました。馬立までの道は前回通り、台風一過水場の水量も多かった。
馬立から丸太梯子を上って、笹藪に付けられたトレイルを行くと富士見峠
から志津乗越に繋がる林道に合流する馬立分岐。残り2時間強の林道歩き、
標高も下がり雨具のパンツを脱いでも気温も上がって蒸し暑かった。乗越
では5~6台のMTBバイカー、梵字飯場跡駐車場には車が4台入っていた。
 1022唐沢避難小屋-1122馬立-1145馬立分岐1150-1227ゲート
 -1249志津乗越1256-1400梵字飯場跡駐車場
帰り道は真っ先に日光温泉に行く、(市外在住68歳270円) 汗を流し脚を
メンテ、湿布を貼ってすっきりした。予報通り日光市街、鹿沼市、小山市
と雨に遭いながらのんびり帰宅1910。今回の周回ハイク、エスケープルー
トは富士見峠から林道歩きで馬立分岐にショートパス出来て、誰でも行け
るハイクです。それでも熊除けラジオのNHK「ラジオ深夜便」を聞きなが
らでないと暗い中の単調なヘッデンハイクは飽きてしまいます。

 

レンタル掲示板
/123