teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


1月並の気温や連続した寒気

 投稿者:尾崎  投稿日:2017年12月15日(金)09時28分7秒
  此処のところ各地で1月並の気温や連続した寒気の流入が有って
山も低温傾向です。そんな条件と歳のせいもある気の早さで、
篠原さんと次週18日(月)に松木沢の偵察に行く予定です。
 
 

年初の雄滝さん祭り

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2017年12月15日(金)09時15分14秒
編集済
  昨日、古賀志岩場の地主さんに確認したら雄滝さん祭りは来年
1月14日(日曜日)とのことでした。又、薪準備やトン汁等用
意します。次の17日(日)は古賀志クライミングの予定です。
今季は冷え込みが早いです。松木の氷も早いかも知れません。
 

Re:八ヶ岳三叉峰ルンゼ

 投稿者:尾崎  投稿日:2017年12月12日(火)20時34分8秒
  日差しより陽射しと形容したい左岸の石尊稜に上がって短い雪稜か
ら12:45上部岩場取り付きテラス13:05でレストする。岩場+草付1P
にガリー状の草付1Pを終え、5分の登りで13:57稜線の登山道に出た。
14:27地蔵尾根分岐-15:00行者小屋15:20-16:44赤岳山荘17:00
-17:30美濃戸口八ヶ岳山荘P帰着。
今季2度目のアイスクライミング、雪稜歩きに岩場と草付の変化のあ
る登攀でした。痛めている右足首と左肩も問題無く支えてくれたので
助かりました。
南沢の登山道、凍結個所用に用意したチェーンスパイクを初めて使用、
赤岳山荘までの1時間半で良く効いた分チェーンが数個所切れました。
2000円以下の格安ではやはり無理かな、登山用と謳っている為、早々
に初期故障で返品返送しました。

 

Re:八ヶ岳三叉峰ルンゼ

 投稿者:尾崎  投稿日:2017年12月12日(火)12時31分5秒
編集済
  12月10日(日)は前夜発で友部山岳会 CL藤枝さん、宮下さんの八ケ岳
三叉峰ルンゼアイスクライミングに参加させて戴きました。
白樺湖経由で美濃戸口八ヶ岳山荘P到着10日0時、ほぼ満車積雪少々。
車内泊まりで4:00起床、4:45徒歩で出発する。-6℃ 穏やかな星空
5:30美濃戸赤岳山荘-6:21北沢堰堤広場6:28-7:18赤岳鉱泉7:48
積雪も増えて北沢沿いの登山道も歩き易い、鉱泉で装備を着けてスタ
ートした。行者小屋への登山道から北沢沿いのトレースに入り、2本
目左側の沢に入る。小滝は殆ど埋まっていて先行Pのいる大滝前8:45
見えるところで10m程度、トップが抜けて後続が登り初めてから、右
側ピラーから藤枝さんが取り付いた。固い氷でアックス、アイゼン共
に刺さりも微妙、しっかりスクリューを決めて抜ける。以降はルンゼ
状となりナメ氷床と思われる個所も雪の下。部分的に露出する氷が適
度な固さになっても傾斜が強いのでランナーを取りながら登攀はスタ
カットで進行。靴底からの冷えを感じるビレイ中の停止、日差しが欲
しいところでも未だ日陰のルンゼ。11:12二俣を右に入って更に幾つ
かの氷と雪に埋まった滝を左から回り込んで開けた地形に入る12:17。

 

Re:八ヶ岳三叉峰ルンゼ

 投稿者:宮下  投稿日:2017年12月12日(火)08時34分28秒
編集済
  お世話になりました。天候にも恵まれ、充実した登攀になりました
こと感謝いたします。使えなくなったチェーンアイゼンは修復不可
のようです。チェーンは切れて、歯はガタガタ、潰れていました。
何か他の物を探してみます。
日光月山周辺のアイスエリアもアプローチもほどほどでマルチ、シ
ョートもあるみたいですね。

 

アイス&フリークライミングの季節ですね 2

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2017年12月12日(火)08時10分20秒
編集済
  珍しくシュタインブーケ5.12+をトライしているな!と思ったら
若手のE君で最後の一手でフォール残念!次はRP間違いナシだ。
上田さんに”ルートを作って”と頼まれて作成した龍神5.12bも
Nさんがトライしている。夏場は下部ハングがビショビショだが
秋から春までは楽しめる。余り気乗りしないで作ったルートだが
”あって良かったのかな~”軽くストレッチのつもりで出かけた
古賀志でしたが岩のフリクションもバッチリで楽しめました。

 

アイス&フリークライミングの季節ですね

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2017年12月12日(火)08時09分43秒
編集済
  八ヶ岳アイス、お疲れ様でした。
私は先週日曜日に続き古賀志クライミングでした。
大谷街道手前から眺める古賀志山は雲ひとつない快晴、各クラ
イミングエリアの岩壁もスッキリ見えて快適なクライミングを
思わせます。お堂前に着くと○○さん達は八ヶ岳へアイスクラ
イミングとのことで尾崎さんや藤枝さん達も行ってるよ、この
快晴じゃアイスも渋滞だな~と話す。真っ青な空を見上げると
色とりどりの多くのパラグライダーが乱舞している。パラ同士
ぶつかりそうで恐い。

元、教え子の女性もこの一年で格段に進歩、カモシカハングや
張り付くシーマ君、ムーンサルト等次々と5.11台をRPし今はイ
ンプレッション5.11bをトライ中。ほぼ完成しているので来週
は完登するだろう。しかし、女性の細腕で非力かな?との第一
印象は見事にハズレて並外れた努力と根性でドンドン登れるよ
うになった。

 

八ヶ岳三叉峰ルンゼ

 投稿者:藤枝  投稿日:2017年12月12日(火)08時02分25秒
編集済
  八ヶ岳三叉峰ルンゼのアイスクライミングは快晴の下、十分楽しん
できました。先行パーティーが1パーティーで順番待ちもF2と上部岩
壁でそれぞれ30分で1時間程度でしたのでほぼ時間通りという感じで
した。F2上のルンゼ内は急斜面で滑落は許されないので右俣の滝を
終わるまでロープを付けていました。石尊稜の上部岩壁に取付く頃、
曇りはじめ赤岳や阿弥陀岳にガスがかかったりしましたが天気も持
ちこたえ安心していられました。今年は雪も多く登山道も歩きやす
くなっていました。
尾崎さんお世話になりました。肩、足も支障なくアイスは完全復帰
ですね。
https://blogs.yahoo.co.jp/okumatasiroike/41213186.html


 

Re:2017年、クライミング 上だクラブ 忘年会報告

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2017年12月 7日(木)10時13分46秒
  お土産のイノシシ肉、鹿肉等、喜んでいただき良かったです。
いつもの事ながら石田さんのシェフぶりというか板前ぶりには驚きです。
レシピを読むだけで”ア~めんどくさそう”と思ってしまいます。そう
言えば昔、飯豊、湯平山荘で石田さんが仕入れて来た鹿肉を持参された
ことがありました。あの時はご苦労様でした。もし、飯豊に行く機会が
あれば今度は尺上のイワナが間違いなくゲット出来るポイントを押さえ
ていますので刺身や塩焼き、ムニエル等が味わえます。

 

Re:2017年、クライミング 上だクラブ 忘年会報告

 投稿者:石田  投稿日:2017年12月 7日(木)09時40分23秒
編集済
  今回は夫婦共々、大変お世話になりました。
谷川さん始め皆様の手際でトントン拍子に進行し、こちら
としてはおんぶにダッコで申し訳ないくらいです。
さて、分けて頂いた鹿肉を色々試してみました。禁断のレ
バハツ刺から鹿刺、焼肉までやりましたが、一番はやはり
レアのステーキでした!下記レシピをご紹介致します。

1.厚さ3cmにカットし、どちらかといえばブロック肉に
  近い切り方にした上で塩少々と醤油で薄く味付けし、
  赤ワインを少量和えたら最後にオリーブオイルをたっ
  ぷりかけて和えてしばらく置く。
2.空炊きのフライパンに肉を載せ、焦げ目がつくまでま
  んべんなく焼き色をつける。
3.箸で肉をつつき、中心付近にうっすらと固さが出始め
 た頃に火からおろし、熱々のうちにアルミホイルに包む。
4.アルミホイルで包んだ肉をさらにタオル等で包んで保
 温できるようにし、余熱で10分、放置する。                          5. 完成で、切った際に赤身がキレイに色が出て肉汁が透
 き通って出れば良いレアの火加減です

ソースは玉ねぎシメジにんにく等を炒めたものに谷川さん
から頂いた古賀志の行動食バナナと生クリーム、バターを
併せてジューサーで粉砕したものを調味しました。

 

Re:2017年、クライミング 上だクラブ 忘年会報告

 投稿者:川面  投稿日:2017年12月 5日(火)21時05分17秒
編集済
  お陰様で、贅沢でかけがいのない一夜を過ごせました。谷川さんの
シシ鍋から始まり 特製餃子にレバー炒め煮を戴き、特製果実酒に
シングルモルトウイスキー、更に逸品の銘酒を飲みながら、山の出
来事や思い出話に浸ってました。そんな時間の合間には薪ストーブ
にひたすら薪をくべていた様な気がします。
狩猟集団の方から沢山頂いたシカ肉も近所にもお裾分け、我が家の
辺りには今でも贅沢な時間の余韻が残っていますね。
次回も宜しくお願いします。

 

Re:2017年、クライミング 上だクラブ 忘年会報告

 投稿者:上田  投稿日:2017年12月 5日(火)16時36分58秒
編集済
  薪ストーブと夜間20L缶薪ストーブに燃える炎にしびれました。
薪が切れないように終始小まめに薪割りをいただいた川面さん、ご
苦労様でした。
谷川さん準備の肉、野菜、尾崎さん手製の餃子、篠原さん持ち込み
の酒と酒池肉林。大芦でこその贅を味わいました。
そんなこんなで楽しい忘年会でした。ありがとうございました。

 

Re:2017年、クライミング 上だクラブ 忘年会報告

 投稿者:篠原  投稿日:2017年12月 5日(火)16時24分42秒
編集済
  先日は“良き日”を堪能させていただきありがとうございました。
つい口走った「残り物は持ち帰れ」の嫁さま指令に朝食真っ最中
にもかかわらず、気前よくタッパー詰めをさせて頂きありがとう
ございました。おかげさまで、愛妻が機嫌良く心から喜んでおり
ました。
鹿肉+猪肉+谷川農園+川面農園のお土産もどっさり頂き重ねてお
礼申し上げます。近いうちに又、山や氷や渓流や焚火や囲炉裏端
や炬燵?でワイワイできる日を楽しみにしています。

 

トトロの森の守り人さん

 投稿者:尾崎  投稿日:2017年12月 5日(火)08時46分26秒
編集済
  忘年会の帰り道、「収穫物があるので帰りの途中寄って下さい」
と、トトロの森の守り人さんからのお話が有りました。
例年通り、宇都宮のジョイフルホンダで冬季用ガス詰め替え用に
TOHOのゴールドボンベを2パック買い(税込176円/本)、トトロ
の森を目指します。
林と畑の間を抜ける道、森の広げられた落ち葉の中のテーブルに
バナナ1本忘れました。守り人さんが畑からキャベツとネギとブ
ロッコリーに水菜と大きな大根を収穫して3人分包んでくれます。
近くのオランダスタイルのトマト栽培をしておられる親戚の農家
さんまで伺って、更に立派なトマトも戴きました。
今回も車の中は畑の収穫物、山や森の恵みでいっぱいとなり、改
めて感謝です。

 

野菜集合写真

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2017年12月 4日(月)22時09分3秒
編集済
  私の菜園の野菜は我が家だけでは食べきれないので隣り近所や畑の
近くを散歩途中の人が話しかけて来たら”食べて見たら?”と差し
上げたりしています。
そんな本日『海の幸』が届きました。栃木県は海なし県なのでこう
いう『海の幸』を見るとついウキウキします。海が近い千葉の人達
には感じない感覚かも知れませんが、いつも有難うございます。

 

Re:2017年、クライミング 上だクラブ 忘年会報告

 投稿者:尾崎  投稿日:2017年12月 4日(月)21時52分26秒
編集済
  師匠毎度の事、準備万端お任せしてしまい恐縮です。今回も師匠の
知人のマタギさんから調達されたシシ肉、谷川農園の収穫物、食料庫
(スーパー)からの多種にわたる食材、鍋 釜、10年を超えて師匠が預
かり保存管理された銘酒、珍酒の数々、その全てが用意された忘年会
でした。師匠ご苦労様です。そんな香楽荘に着くと師匠が大鍋にさっと
取り付き鍋料理の準備を終えて、鍋は火の上に載ってます。我等は何の
心配も無く焚火とストープと囲炉裏の炭火を番しているだけで、鍋がコ
トコト煮上って来るんですね。
厚切りのシシ肉の焼肉美味でした。何時も通りの鍋も最高、石田シェフ
特製青菜と共にさっと炒められた新鮮な鹿レバー。小腹が空いたら餃子
で腹つなぎとこれは尾崎が自分好みで用意しました。宴もたけなわの時
最新のアラコキ世代の(around seventy)は鍛えるのが一番と筋肉自慢に
腹筋自慢、ふすまの桟に取り付いて上の梁を捉えたり、腕立てならぬ指
立ての競演まで続きましたね。昼の12時から、マダマダ18時か、あっ
と言う間の0時近くに成ってました。
5時に起きると川面さんがストープの前、「眼が冴えて…」で、火の番を
してました。熱いコーヒーを淹れ、師匠が作った焼きそばを山盛り2杯
戴きました。シシ肉も加わった鍋は最後メンバーのお土産にもなって、
完食でした。メンバーにはお土産に多種の野菜、シシ肉、シカ肉が分け
られて、香楽荘の片付け清掃も怠りなく終わりました。ホント今回も楽
しかった。師匠次回の宴を楽しみにしています。
皆さま良いお年をお迎え下さい。

 

2017年、クライミング 上だクラブ 忘年会報告 3

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2017年12月 4日(月)08時42分33秒
編集済
  一夜明けて今日、日曜日は”アルパイントレをしたい、”との石田
夫妻のご希望で古賀志クライミングでした。左奥の一般ルートを2
ピッチに切って登りその後は夫妻でエイトマンや一般ルートを反復
練習されたとのことで久しぶりの古賀志クライミングを楽しまれた
ようです。
今後も飯豊渓谷、奥只見、谷川岳クライミングを大勢で楽しみたい
ですね。そんな機会が来るのを楽しみにしています。

 

2017年、クライミング 上だクラブ 忘年会報告 2

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2017年12月 4日(月)08時37分44秒
編集済
  香楽荘オーナーの大貫さんとそのお仲間の狩猟集団より今回も
仕留めたばかりの鹿肉を頂きました。私が仕入れてきたイノシ
シ肉のようにスライスして塩麴に漬けて置くと2~3日で柔らか
くなり味も一段と良くなりますのでお試し下さい。

 

2017年、クライミング 上だクラブ 忘年会報告 

 投稿者:谷川岩魚  投稿日:2017年12月 4日(月)08時36分0秒
   12月2~3日とクライミング 上だクラブの忘年会へご参加の皆様有難
うございました。主に遠方の千葉県からの御参加が多い中で今回は更に
遠い鎌倉から石田ご夫妻の御参加もあり懐かしさも倍増でした。
数年前になりますが一の倉沢クライミングや飯豊・奥只見渓谷への渓流
釣り又、県内の大蛇尾川での沢トレ―ニングとキャンプ、想い出の数々
がつい昨日のようによみがえりました。年齢を重ねると色々な想い出の
ひとつひとつが”お宝”見たいなものですね。そして今回も遠方の山荘
へお集まり頂いたことに感謝々々です。

 

Re:裏同心ルンゼと南沢小滝

 投稿者:藤枝  投稿日:2017年12月 1日(金)08時40分13秒
編集済
  八ヶ岳お世話になりました。
いつも休日で混んでいて順番待ちの状態ですが、今回は平日で混雑度
ほぼゼロ状態で何よりでした。おかげでF5まで1時間もかからず終了
し、南沢小滝も登れたしで今シーズン初アイスを十分楽しみました。
雪に埋まったともいわれていましたがこんなものですね。
行くときは尾崎さんに運転していただき十分睡眠もとれました。疲れ
も残らず翌日の仕事も楽でした。

https://blogs.yahoo.co.jp/okumatasiroike/41199023.html



 

night climbing

 投稿者:上田  投稿日:2017年12月 1日(金)01時29分29秒
編集済
  尾崎さん、藤枝さん、アイス堪能されまし
たね。八ツの寒気、冷え込みを楽しまれて
いる頃、ひ弱な私は穏やかな天気の中で大
関さんと笠間でボルダリングでした。日が
暮れるのが早く17時30分過ぎに駐車場
へ。大黒石へ移動しペンライトで岩を照ら
し登りました。30数年前に車のヘッドラ
イトで木村さん等と遊び呆けた以来になり
ます。
 

裏同心ルンゼと南沢小滝 3

 投稿者:尾崎  投稿日:2017年11月30日(木)15時58分0秒
編集済
  午後は行者小屋から南沢の小滝に寄って下山する事にした。中山乗越から
行者小屋1204。小屋から下山の道、雪の着いた樅の林の中を下るのが好い
、南沢大滝、小滝の分岐1247、1300南沢小滝1415。氷瀑前に足跡はあるも
のの、本日登られている様子が無く、左側から回り込んでTRをセットした。
更に発達する状況なので、今は傾斜も強くツララ状、それでも気温が高く
粘りが有る柔らか氷で楽しめました。我々の終了間際、裏同心の単独の方
が来られましたが、フリーソロで登られたかな?
下山の道、美濃戸山荘までの登山道は凍結個所の連続でホント危険。
1500赤岳山荘1515、八ヶ岳山荘15:55。静かな山旅の一日でした。

 

裏同心ルンゼと南沢小滝 2

 投稿者:尾崎  投稿日:2017年11月30日(木)15時45分25秒
編集済
  アックスとアイゼンの効きを確認しながら登攀を開始する。F2の緩い傾
斜部分やF4は雪の下で、F1、F3やF5も短めですが、確かめながらフリー
で行く。単独の後続者がやって来た。F5を超えた先、墜ちると怪我では
済まない右上の樋状氷、単独の方に先に行ってもらい、此方は初めてロ
ープを出した。風とガスに包まれた大同心基部の大同心稜上1015。
雨粒、氷の粒が風と共に舞ってザックもヤッケ、パンツもぐっしょり濡
れた。湿雪でアイゼンは用を為さない大同心稜、ビブラムも滑るしで、
早々に鉱泉に下った、1108赤岳鉱泉1120。本来なら大同心南稜に継続予
定も有ったが、左手首を捩じっての高いホールドの扱いが少し厳しくて
、今回はアイスを中心にした。左肩の手術とリハビリ後でもアイスギア
は問題無く使える事が分かった。

 

裏同心ルンゼと南沢小滝

 投稿者:尾崎  投稿日:2017年11月30日(木)15時38分28秒
編集済
  赤岳鉱泉からの情報も早々と入った八ケ岳裏同心ルンゼの月内のアイス
を藤枝さんと尾崎で予定してました。その後に積雪でだいぶ埋まったら
しいとの事、29日(水)は気温が高く晴れの予報を確認して前夜28日(火)
に出発した。道の駅「思川」で集合、佐久南ICから蓼科を抜けて美濃戸
口の山荘駐車場に入った0130。車窓越しに満天の星空が見える車内泊ま
り、0426起床、0510徒歩でスタートする。
美濃戸山荘までの林道に目立った残雪や凍結個所は無く、1Pで北沢の林
道終点まで伸ばした、0642堰堤広場0652。
明るくなっても雲の多い天候、時々青空がのぞいてもすっきりしない。
そんな北沢沿いの登山道は凍結個所に適度に雪が載って情報通りに歩き
易い。0745赤岳鉱泉0810、平日の朝、4~5張りのテントが有っても静か
です。アイゼンとギアを装着して裏同心ルンゼに向かう。アイゼンに雪
団子が付く位に気温が高い。しっかりしたトレースに載ってF1前0843。

 

笠間ボルダー4

 投稿者:上田  投稿日:2017年11月25日(土)01時17分37秒
  広場へ戻り片付けに入っていると、若者
が上がってきた。お疲れ様でしたと声が
掛る。沖野さんの課題を紹介したら早速
トライに入った。シンプル岩で力を使っ
たであろうが、日が落ちかかる中トライ。
若者故の体力か。ガンバ!
 

笠間ボルダー3

 投稿者:上田  投稿日:2017年11月25日(土)01時06分47秒
  ワシントンクラブの後、ラブタッチへ。
グレードは級だが笠間を代表する課題、
ボルダーである。H谷さんの登りを目に
したときは、その華麗さに感動したもの
である。
 

笠間ボルダー2

 投稿者:上田  投稿日:2017年11月25日(土)00時57分13秒
  ベンチ岩の後、シンプル岩に行く。若者
3名が取付いている。礼儀正しい挨拶が
来る。好青年だ。
石器人スラブ、木村さん初登のワシント
ンクラブをトライ。スラブは初登したS
藤さんがフイーレソールを潰すまでして
登ったスラブである。31~30年前の
ことである。ワシントンクラブの課題名
の由来は憚れ公に出来ないが、「オーイ、
木村」とH谷さんにハッパ掛けられながら
作った課題である。大関さんは後ワンム
ーヴのところで敗退。

 

笠間ボルダー

 投稿者:上田  投稿日:2017年11月25日(土)00時35分11秒
  今日はゆっくりと笠間へ。ベンチ岩横で
身体を暖める。広場下からは若者らしき
声が聞こえてくる。力が入っているよう
だ。大関さんがベンチ岩中央に課題を作
った。スラブ中央にあるフレーク状の縦
ホールドを右手で押さえ、左手をスラブ
上にイチ、ニと中継し上部カンテを捉え
上に抜けた。課題名;ホッテントット
 

懐かしい写真

 投稿者:上田  投稿日:2017年11月24日(金)08時34分54秒
編集済
  写真の中にヒマラヤニストの小太刀さん、青葉、高倉山
の開拓者の佐藤さんもいて懐かしいです。
小太刀さんは今は青梅住まい。近くの山々を歩いている
ことでしょう。カラコルム遠征時はキャラバンに入る前
に、花々の絵はがきを送って来ました。佐藤さんは奥只
見、渓流の写真が今年の年賀状にありました。
遠くにいても近況を寄せてくる。古き良き仲間です。
 

犬吠埼のボルダー

 投稿者:上田  投稿日:2017年11月24日(金)00時58分34秒
  犬吠埼ボルダーの写真懐かしいですね。
当時はボルダーマットなんぞなく、シュ
ーズ底に泥が付くのを防ぐのにタオルや
玄関マットを敷いたり、お風呂場のマッ
トは貴重品でした。
スリッパシューズも当時は先端を行って
ました。貴重な写真です。
 

レンタル掲示板
/107